« 倦怠期 | トップページ | ヘルシアウォーター »

2006年5月24日 (水)

サブの重要性

昨日は夕方から天気が悪くなるということで、都内に出たけど用事を済ませて急いで帰ってきちゃいました。そしてヒュケにいって、5クレだけやってきました。ローカルの途中だったせいか、だれ〜もいなかったので、ノータッチの「クロブヒ Pro.B」を育成、無事R2を全勝でR1に上がりました(パチパチ…)15勝2敗3分で、20戦をすぎたところで、とりあえず育成モード終了で、これからカップ戦にどんどんチャレンジしていこうと思います 
今日、全点灯ノータッチをやって気がついたのは、大きく開いたフォメのせいかも知れませんが、ボタン操作時よりパス回しが多く、逆にドリブルで持ち込むことが少ない、「ああ、ボタンを点灯するということは、そういうことか」と、いまさらながらわかりました。そして、ボタン操作がないと結構冷静に選手の動きが観察できて、おもしろいですね。また、オフサイドをとられることは前にもいったように増えましたが、ファールが減りました。
最後の5クレ目で、ニステルローイは怪我で欠場のまま「左うちわ一号機チーム」で、NSCをとり、25試合であとJTとEPCとICCの三つ残ってますが、どうでしょう やっぱりICCが鬼門かな 無人のときに行ってとっちゃおうかな〜。それにしてもサブにロッペン入れておいてよかった。そして、アンリはどこに置いても活躍してくれるので助かります。余裕のあるときにサブの選手を育てておくことも、大事ですね。

|

« 倦怠期 | トップページ | ヘルシアウォーター »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: サブの重要性:

« 倦怠期 | トップページ | ヘルシアウォーター »