« ラビリンズ | トップページ | プレシーズンゲットだぜ »

2006年5月 3日 (水)

ガーデイアンブヒ、誕生

事前に色々考えておけばよかったです。これも、午前中の胃カメラの際の、のどの麻酔のせいにしておきましょう、ぼーとしてて監督名もチーム名もテキトーにつけちゃいました。まあ、いつもだけどね。というわけで、午後にヒュケにいってみると、WCCFには誰もいません。そして、プレシーズン2戦目だったので、新チームを立ち上げて、そのあと残り6試合のチームでローカルを、とおもったら、新チーム立ち上げに思わず時間がかかってしまい、あせりまくりました。ユニフォームの色で迷ったり、チュートリアルがあったりしているうちに、プレシーズンは終わり、レギュラーが始まり、ばたばたで迎えたローカルは一回戦の2試合とも引き分け、アウェーゴールで敗退してしまいました。
「左うちわチーム」は、ニステルローイ(綺羅)、アンリ(綺羅)、ジェラード(綺羅)、ペロッタ、アルベルダ、アンドラーデ、リカルドカルバーリョ、アジャラ、プジョル(綺羅)、トゥーレ、ヂタ(綺羅)がスターティングメンバーで、控えにデルベッキオ、ロッペン、ブラージ、ヘイティンガ、あとひとりだれだっけ?スコールズだ…。で、何を勘違いしたのか、キーパーはブッフォンのはずだったのに、まちがえてヂタにしているし、デルベッキオって、旧カードじゃん。あした、入れ替えよう、デルベッキオは、シセとかにしようかな。
戦略はは5-2-1-2の守備重視、ジェラードにとりあえず集めて、アンリ右べたで、ニステルローイがずどーん、ボタンは右とカウンター点灯、アンリが自分で行けそうなときだけ右を消す、ニステルローイとアンリだのみなので連携をつけようと、呼び出しをかさねるがことごとく失敗、うーん。デイフェンス陣は、基本的に動かさずにとおもったけど、V字になっているものの一列は、薄い部分が抜かれますね。4-3に変えてみたり、実験中です。
でね、今日は13試合しました、結果は…いいたくない…、いいわけしてもいい? 極力ボタン操作は、プレスのオンオフのみと思ってやったけど、つい押しちゃうのですよ、それも、中途半端にだから始末に悪い、この企画は結局ぶひのリハビリというか、レベルアップのためのミッションだということを痛感しました。

今日の反省と課題
●ボタン操作を簡単にするためには、相手にあったフォメに微調整が必要なのでは。
●グレムリンギャラリーに、いいかっこしようと必要以上にボタン操作をしないようにすること。
●アンリとジェラードの(特にジェラード)のベストな位置をさがす。
●エムボバに2試合やられた、相手フォワードのタイプによって、入れ替えをすることが的確にできるといいな。

明日の目標は、R1昇格ということにしよう。

|

« ラビリンズ | トップページ | プレシーズンゲットだぜ »

コメント

どもです。(^^)
攻略オタクの自分としては、毎回ワクワク読ませていただいております。参考意見なので・・・・全然聞き流してくださって問題ないのですが・・もし取り入れられるようなことがあれば・・・と思い書き込んでおきますね。

●ボタン操作を簡単にするためには、相手にあったフォメに微調整が必要なのでは。

私もそう思います。(^^)・・・・しかしそうなると・・・初心者には難しい面もあるなぁと思います。この辺のバランスが難しいですよね・・・私もここで苦しんでいます。(^_^;)

●アンリとジェラードの(特にジェラード)のベストな位置をさがす。

連携オタクの目から見ますと残念ながらこのチームならスコールズの方が機能する気がします。

ジェラードでいくならば、ジェラードはキック動作が大きいので中央の相手DFが多い位置に配置すると、パスを出そうとする瞬間に、どうしてもボール奪取されやすくなります。

配置するならサイドからゲームを作る感じに配置するのが良いと思います。「ラ・ブルーアンサンブ」のジダンの位置なんかが理想的です。

以上呟きでした参考までに・・・・

投稿: 仙台 | 2006年5月 3日 (水) 04時54分

東方の三賢者ならぬ、さいたまの二賢者(もちろん、センダイ監督さんとろぺさんのことです)のレスが、すごくうれしいです。
微調整などといわずに、フォーメーションA~Zというように、基本形に対して応用の形をいくつか用意してみるのも、手かなとおもってます。科学忍法「火の鳥」とか、ネーミングして…(古い)
ジェラードは、正直に告白するとランバートと、間違えてつかってしまい、ちょうど綺羅が余っているからいいかと、そのままにしちゃいました この雑さが、だめなんですよね 
小学5年というホームの監督さんに、プレスのレクチャーをぶひなりにしてみましたが、「わかる?」ときいたら、「う〜ん」という感じでした。
実際には、このブログを読んでいるかわいいギズモは、いないでしょうが、いつもお客さんにしちゃっている彼らの底上げをすることで、今後のこのゲームが続いていく一つの道だと思っています。(おおげさですね)

投稿: ぶひ | 2006年5月 3日 (水) 12時46分

どもです。フォーメーションの件全く同感です。複数のパターン使い分けられれば微調整よりは楽ですよね・・・・・

ただ・・・私の場合はある程度形を固定してそこから微調整の方が楽になってしまっているので・・・・・

DFとボランチはそんなにいじらなくても守れる気がするので4-3-?-?と?を変える形がベストかも・・・・・となるとFWもMFもできる選手(カカ、トッティーとかが)が必須になるのかなぁと思っています。

ボタン操作は難しいですかぁ~・・・・・・・慣れちゃうとそうでもないんですがね(^_^;)

ネットでいろいろ検索して知識を身に付けても勝ちにこだわりたいくらいのモチベーションがある方でないと・・・・・・・・厳しいかもしれませんねぇ~

「おじさん達、遊びにごちゃごちゃした理屈はいらないよ・・・・・強い選手集めて、僕ら50勝もしてりゃ十分なんだよ・・・・」そういうことなのかもしれませんね。(^_^;)

それでもグレムリン向けチームを考えることで結局自分達のレベルアップに繋がるのでは・・・・・と私は考えております。実際そんな感じがいましています。

投稿: 仙台 | 2006年5月 4日 (木) 13時25分

ぶひサンどうもです♪
いやはやタマタマ仙台さまのブログ見てたらぶひさんのブログ発見ですw
仙台さんもいるし凄いブログですな~!プチ引退なんて言わずガンガンやりませう^^

投稿: ジロウ@ボボ | 2006年5月 7日 (日) 21時44分

掲示板だと、あまり自慢めいたこと書いたりすると、また殺されたりするかもと身の危険を感じて、ブログを始めた次第です
ひまなとき、読み返してみてください ジロウさんのチームのことも書いてあります
センダイ監督さんを始め、いろいろな方にコメントがいただけるのが、ぶひのたのしみになっています

投稿: ぶひ | 2006年5月 7日 (日) 22時04分

どもです。ブログをはじめた理由(私は殺されはしませんでしたが(^_^;))が同じだったので・・・・誰もが通る道ですかねぇ~と思ってしまいました。

ボタン操作のところ読ませていただきました。あそこまで感覚的な操作を法則化できるのかぁ~と感心してしまいました。すごい!!・・・・・・って思っていたらもっとシンプルな方法があるんですかぁ~奥が深い話になってきましたね。(^^)

このバージョンは確かに連携が重要な気がします。ゆえに、ネット等で動物占いの知識を仕入れねばならないわけで・・・・その時点でグレムリンには非常にハードルが高くなっている気がします。時代の流れといえばそれまでですが・・・・

このゲームいつもそうなのですが、カード収集目的の方々が一通り引き終わってゲームをプチ引退しはじめると・・・・・

残っている方は「勝つのが面白くて仕方がない」という方になるわけです。(まぁ私もそのうちの1人なのでしょうが(^_^;))

そうなるとこのバージョン最強フォーメーションとの対戦ばかりになるのでなかなか勝ち星は伸びなくなりますよね。

私もセリエA最後のバージョンの時は、4-5-1のウエア、ラヴァネッリ、アドリアーノ、ヴィエリのひたすらゴリゴリドリブルシュートの綺羅軍団との対戦ばかりになり、うんざりしてプチ引退していました。(^^)

ぶひさん方法は今の所間違いなく良い方向に進んでいると思いますよ。ストレスにならない程度に続けていけば・・・・きっと結果もついてくると思いますよ(^^)(なんて偉そうにすみません

投稿: 仙台 | 2006年5月 8日 (月) 03時30分

今日見ましたが、やはりアンリを取り巻く環境に問題ありかなぁと思います。
俺の場合、左サイド攻撃ですが、出来るだけ早くボールを預けるようにしています。そのために連携が必要なわけです。

ランパードの所をバラハを入れてもいいと思います。そのほうがあのチームにマッチするかと思いますよ。

ちなみに『好敵手監督』=か~た=オ~ランダU-5ですので、これからもよろしくお願いします!

投稿: か~た | 2006年5月 8日 (月) 18時23分

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ガーデイアンブヒ、誕生:

« ラビリンズ | トップページ | プレシーズンゲットだぜ »