« 連休イベント第一弾 | トップページ | ガーデイアンブヒ、誕生 »

2006年5月 2日 (火)

ラビリンズ

さっきお告げがありました、「ぶひよ、究極の左うちわはグレムリンたちが採用している全黒オールスターズ(綺羅5枚入り)のことでは、ないか? その辺をよく考えて、この続きを考えなさい」と、ぶひのWCCFの神様がいうではないですか…。たぶんこのチームは左上からロッペン、ニステルローイ、アンリ、2列目にロナウジーニョ、カカ、ボランチにマケレレ、ビエラ、デイフェンスにマルディーニ、プジョル、ファーディナンド、ネスタとかで、キーパーはブッフォンと、まあ好みで入れ替えがあるでしょうが、こんなチームよく見ますよね。これが、たちあげ20戦ぐらいのグレムリンなら,なんてことないんですが、任期終了間近だったりすと結構苦しめられますよね。でも、戦績をのぞくと50勝してなかったり、やっぱり悪いお手本というか、無意味にボタン操作をする(もしくは全然しない)せいなのでしょうか? そうだとすると、彼らに全冠というのは無理なのでしょうか。ならば、ボタン操作をレクチャーしないと、だめなんでしょうか。うーん、ぶひには荷が重いなー。
そして、こういうチームのダメなとこは、どこなのでしょう? 財政難、連携、補正、それともバランス? 全国レベルの監督さんが、使いこなせばこういうオールスターチームは、究極の強さを発揮できるのでしょうか…? 
いやいや、嫁さんの監視が厳しく、今日もゲーセンに行けなかったので、机上の空論でラビリンズに入ってしまったんですね。考えるより、実践ですね。明日は、午前中胃カメラを飲むので、そのダメージが無ければ、ゲーセンに出勤したいと思っています。

|

« 連休イベント第一弾 | トップページ | ガーデイアンブヒ、誕生 »

コメント

そのメンバーで50勝近辺なのは・・・・・・・

一番の原因は、やっぱりボタン操作でしょうね。これには、それぞれのシュートレンジを把握していないシュートボタン操作も含まれます・・・・エトーにアドリアーノ並みの遠距離弾丸ミドル求めても無理といいますか・・・・・そんなところです。(^_^)

シュートボタンに関しては、どうしてもゴール欲しいから・・・始めたばかりの頃は無理にシューと狙う傾向ありますからね・・・・・・ですので、私は「アドリアーノに黙ってしときな」が一番適切なアドバイスと思います。

次にプレスボタンと戦術ボタン・・・・・これがどうしても今ボール持っている人とボール持っている人の一番近くの守備の人を動かすものと思っている人が多いということ・・・・・・

じつはそうだけでなく全体が動いちゃっているんですよね・・・・

前にぶひさんが実感したように・・・・・・

アンリが駆け上がっているときは、じつは後のシルベストルも上がっちゃってて左のスペースがぽっかり空いちゃっている。

だからアンリがボールとられたら「もどれ~」とプレスボタンOFFしなきゃあかんのだよ・・・・・という理屈が理解できないとやはり全冠は厳しいかと思います。

・・・・ここがグレムリンには難しいとこですよね・・・・

サッカー詳しい人なら・・・・CBがオーバーラップした後ボランチの選手が最終ラインに入る。といったような部分は、このゲームは再現されていないからDFラインの上げすぎは禁物だよとかいうとしっくりくる人が多いのですが

グレムリンには難しいですよね・・・・最後はだまされたと思って俺の言う通りプレスボタン押してみな、しかないかな・・・・・

連携はそんなにこだわらなくても言いですが・・・ラストパスのところは黄金の方が良いと思います。動物占いがわからないなら・・・ジダン、トレゼゲ、アンリとか有名どこにしとけというしかないですね。(ロナウド、ロナウジーニョ、エトーとかも無難)

後DFラインは無連携よりは少しでも繋がっていた方が良いと思います。

・・・・といろいろ考えていくとラ・ブルーアンサンブが最強の組み合わせという気がします。

投稿: 仙台 | 2006年5月 2日 (火) 01時57分

ぶひも、このブログを書きながらCOPA VENCEDORES WCCF THE 1stのことを思い出し、ラ・ブルーアンサンブのチーム編成を見ていました。あの大会後、コピーチームをよくみかけましたが、最近はあまり見ませんね。やっぱり実績といい、このチームも究極のチームの一つなんでしょうね。(そのチームに土をつけたセンダイ監督は、すごいですよね)
あと、アドリアーノですね。ミドルもすごいですし、体力が余っているときのドリブル突破は、自分が使っているときは頼もしい限りですが、相手にしたときは、まじかよ〜というくらい、憎たらしい選手ですね。
ボタン操作に関しては、ぶひは自身が無いのでセンダイ監督のブログ参照と、いうことにしてもらおうと思っていますw。

投稿: ぶひ | 2006年5月 2日 (火) 02時39分

ボタン操作に関してはヒトの3倍は考えているこの私
グレムリンズに多い傾向として、ボールを持ったら左右ボタンを交互に連打とかキーパーボタンを何が何でも連打とかプレスボタン連打とか...断言します。「それじゃパワー系フォワード以外の良いトコ全部殺してる....」せっかくのトップ下のスルーは殺し、ボランチ以下のデイフェンダーはキック&ラッシュのみの、子供ディフェンスを強いられ、チャンスメイカーの思う壺...
せめて右を突かれたら右とプレス以外は全部消し、切れ込まなくなったらセンタリング対策にプレスボタン消す。とか、スルーパス実況にはキーパーボタンで対応とか、的確なボタン操作なしで、肉まん食うのは、前半に3点差付いてからですね。

投稿: ろべ | 2006年5月 2日 (火) 23時58分

ろぺさん、おひさしぶりです
ぶひも今日、自分のダメさ加減をたなにおいて、グレムリン(まだ変身する前のギズモでしたが…)にプレスボタンの押し方をレクチャーしてしまいました。彼らには、きっと悪い見本となった怪獣がいたはずなんです。最近はそんな怪獣もあまりみかけなくなりましたが、グレムリンたちの悪習はなかなか消えそうもありませんね。ナイスなボタン操作をすると、水着のお姉さんが出てきてほめてくれるとかなら、ぶひも、もう少しボタン操作に身が入るのですが…。肉まんゲットには、前半三点ですかw ダイエットできそうでぶひには、いいかもしれませんね。

投稿: ぶひ | 2006年5月 3日 (水) 02時15分

水着のおねぇさんのところで思わず笑ってしまいました(^_^;)

ラ・ブルーさんとの対戦は、我がチームのコスタクルタ様が相手トレゼゲさんに殺人病院送りタックルをかましたことも勝利の一因なので・・・あはは(^_^;)という感じです。

アドリアーノほんと敵にまわすと嫌ですよねぇ~(^_^;)
夜の部でやられまくってしまいました。_| ̄|○

投稿: 仙台 | 2006年5月 3日 (水) 05時03分

>ろべさん

やっぱりその辺りは押さえておかなきゃいけないテクニックなんですかねぇ~(^_^;)・・・・・・う~ん。やっぱり押さえておかなきゃ駄目なのかな・・・・

パワー系FW殺している以下の文章の内容はグレムリンには難しいかも・・・・なんて思っちゃう私は甘やかしすぎ?(^_^;)

投稿: 仙台 | 2006年5月 3日 (水) 05時08分

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ラビリンズ:

« 連休イベント第一弾 | トップページ | ガーデイアンブヒ、誕生 »