« アドリアーノ祭り | トップページ | ドリームチーム »

2006年5月30日 (火)

ノータッチ金星を獲る

なんだか最近忙しいです。4月頃サボっていたツケが回ってきたのかな〜、まああまり暇なのも困るけどね。ぶひぶひ商店が、つぶれない程度に仕事があるといいですね。
そんなこんなで、か〜た監督がヒューケットに来るというので、嫁さんの目を盗んでいそいそとちょっとだけ出かけました。最近スランプだというか〜た監督がちょっと心配だったのもありますが、覗いてみるとスランプどころか、新チームを順調に立ち上げていたので安心しました。まあ、ぶひが心配しても何の解決にもならないしね。とりあえず何かを通じて、友人をたくさん作るといいとおもいますよ。その頃の友人は、いくつになってもあなたを支えてくれる貴重な存在になるはずだから…。
せっかくいったので5クレだけ、「ノータッチ」でタイトルホルダーにエントリーしました。初戦の相手はなんと290億ちょっとで3ツ星おまけに、ローカルチャンプのワッペンがユニフォームについているじゃないですか、「まあ修行修行」とおもい試合が始まると、案の定ウエアに抜け出されてあっさり一点とられました。「うー大量失点だけは嫌だなー」とおもっていたら、ニステルローイが同点にしてくれました。この「ノータッチチーム」勝手にCPUがお膳立てしてくれたチャンスにあわせて、ぶひはポンとシュートボタンを押すだけなので、喜びは少ないのが難点ですが、まともにやっても勝てる相手ではなさそうなので、この同点弾には、にんまりしてしまいました。しかし、2点目を入れられ万事休すと思いきや、終了直前アンリさまが、するっと抜けて同点。PK戦も3本止めたあとに、3本止められるという盛り上がりを見せましたが、どうにか勝ち上がり2つめのカップ戦を獲ることが出来ました。
このチームCPUまかせのせいか、好調・不調の波が大きいような気がします。それと、抜かれてしまってもキーパーを飛び出させず、我慢していると結構追いついてクリアするようです。ぶひのボタン操作時と右ボタンの操作もずいぶん違うようですので、変な癖がつかないようにしなくちゃと思ってます。
それと、勝つのはうれしいんだけど、「一号機」に比べてもあきらかにいい戦績に、「操作なしの方が強い…って、どういうこと」という疑問は、ぶひの存在を全否定されているようで、ちょっと寂しいですね。

|

« アドリアーノ祭り | トップページ | ドリームチーム »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ノータッチ金星を獲る:

« アドリアーノ祭り | トップページ | ドリームチーム »