« 新宿コマ劇場 | トップページ | あっさり太線 »

2006年10月23日 (月)

ヤンクロスキーとヤンカー

うーん、新バージョン稼働時に、スローペース宣言していたのに、けっこうやっちゃってますよね どうしても、WCCF関連のブログとか読んでいると、ヘビープレイヤーの方のプレイぶりにつられて、ついつい多くなってしまうようで、ちょっと反省です 少しペースを落とすためにも、依存症になりつつあるゲーセン通いを、しばらくやめてみようかな〜なんて、考えたりもします もう少し若ければ、愛人でも囲って、そっちにつぎ込んだりしたりしてみたいものですが、それはそれで大変そうだし…
そんなことを考えながらも、ヒュケにしっかりいってきました 昨日、ジェラードチームでローカルを本当に久しぶりにとったので、「もしかしたら、まだ残っているかも?」と、ちょっと気になっていたのもあったんですけど、先日届いたカードファイルの空きのポケットが、やっぱり気になるんですよ まあ、今日一日いったところで、全部埋ることはないんですけどね
ぶひが、いったらキングスクラブカップが始まるとこで、やっぱり昨日のジェラードチームは残ってないし、帰ろうかなーと思ったけど、シロブヒを10クレやってきました チャンピオントロフィーの裏で、フレンドリー育成モードで勝ちを稼ごうと思ったら、満席のせいもあって、対人戦の嵐 R1も、2勝3敗2分と、とほほな成績でがっくし肩を落として帰宅しました 
このチームについたニックネームが「スペインの関所」なんですが、やっぱし、引き分けの多さがこの名前の由来ですかね 白チームは、守ってばかりだと勝てないんですよね 前半どうにかがんばって得点して、後半必死に逃げ切るパターンにならないと、辛いような気がしてます 特に、オールスターチームのエースは、最後の5分ぐらいに、とんでもないシュートを打って決めてくることがあるので、最後まで気が抜けないんですよ
シロブヒの場合、ヤンカーのワントップ頼りなので、ちょっと不安だったので、サイドに大きく張っていたヨンゲンセンをちょっと中に入れてみました この人、シュートが上手です 決して強い球ではないですが、ちょこんと蹴ってキーパーのとどかない角にきれいに入れてくれます しかし、計算外だったのは、ゴール前で球をもっても決して自分でいこうとしないコラーディをクビにしてやとったヤンクロスキー、ヤンカーと全然つながりません ぶひの呼び出しがことごとく失敗したせいなのか、フレンドリー時の使い方が悪いのか、えーと、動物連携は…IとGだっけ、あれれ?いいはずだよね やっぱぶひが悪いのか…しょうがない、もう少し使ってみよう

|

« 新宿コマ劇場 | トップページ | あっさり太線 »

コメント

どもです。(^_^)
お気の毒ですがヤンクロフスキーはDグループですのでヤンカーとは余程擦りまくらない限り繋がらないと思われます。Iグループのセカンドストライカーなら私ならオリベイラ選手を推奨します。お時間ありましたらお試しください。

投稿: 仙台 | 2006年10月23日 (月) 00時44分

そのヤンクロフスキは05-06ですか?

実際に自分で試していないので確かではありませんが、某サイトによると、02-03はDグループ、05-06はIグループとなっているようです。
どちらが正解かわかりませんが、裏面の誕生日が違うようです。(6or9日)

両方試してみてはいかがでしょう?

投稿: ようすい | 2006年10月23日 (月) 02時17分

>ようすいさん

「なに~」と思い調べてみました。確かに誕生日変わってますね。
アジャラ、ベルカンプと同じ例でしたか。こりゃ失礼しました。f^_^;

というわけでミランヤンクロフスキーはIグループです。なおウディネーゼ→ミランとやっても経験値、連携は黒→キラにした時のように引き継がれるのでご安心ください。

ようすいさんフォローサンクスです。m(__)m

投稿: 仙台 | 2006年10月23日 (月) 07時33分

頭の隅っこに「もしかしたら、連携グループが違うのかな」なんて、思っていましたが、実際にそうだったなんて… 

>仙台さん
いくら呼び出しても、つながらないわけですよね〜、昨日は意地になってこすってましたので、カードが熱くなっていたかもしれませんw オリベイラですか、オリベイラ→オリビアを聴きながら→杏里→アンリとつながるかも…なんて、考えている、お馬鹿なぶひでした 最強戦準備中のお忙しい時期にアドバイスありがとうございます

>ようすいさん
おひさしぶりです ぶひが、連携を見たのは05-06で、使っているのは02-03という使い方をしていたお間抜けなぶひでした そもそも、「ヤンクロスキーはいい選手、ヤンカーもいい選手、同じチームなんだからつながるはず」という安易な発想しかないぶひが、いけないんですよね

お二人のアドバイスがなければ、ヤンクロスキーのカードは、裏が消えてなくなるまで擦られていたかも… また、ぶひがとんでもないことしてたら、こっそり教えてください 

投稿: ぶひ | 2006年10月23日 (月) 09時44分

日曜はどうもでした。(5クレやってさっと帰りましたが・・
最後の試合はかなり補正を感じフリー1:1の特大ホームランシュートなどありましたがRL1はとりあえず5-0-1で取れそうです。

IグループのFWなら是非コネを試してみて下さい。数値以上のドリブル突破(選手紹介にも貰ってから10秒キープできると書いてあります笑) またコネのいいところはPKほとんど外しません(私が使っている時は外してません ゴールパフォーマンスも最高なんで是非是非

投稿: p_p | 2006年10月23日 (月) 21時02分

若いうちから、コネにたよっちゃいかんな〜w
でも、キープ力があって、PKもうまいなら、次のシロブヒにはぜひうちに来てもらうことにしましょう でも、ぶひにうまく使いこなせるか ちょっと不安です

投稿: ぶひ | 2006年10月23日 (月) 22時30分

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ヤンクロスキーとヤンカー:

« 新宿コマ劇場 | トップページ | あっさり太線 »