« 16番目の監督さん | トップページ | その2 »

2006年12月31日 (日)

ヒュケ最強チャンプ決定戦 その1

忘れないうちに結果報告をしようと、パソコンに向かったんですけど、爆睡してしまいました。もちろん、寝てしまったので、大会のことはほとんど覚えていませんw。(う〜ん、そういうわけにもいかないので、報告します)
いや〜大晦日ですよね、嫁さんの実家からは、お餅や数の子、チャーシュー(?)そして、餅つき機まで届けられすっかり正月気分ですが、「わし等、休んどるからそのあいだにやっとけよ」という、親切なクライアントからのお仕事が満載でテンパっている嫁さんに、にらまれながら、朝も早くからヒュケに出勤しました。風が強くて、寒いのに薄着できてしまい、鼻水流して「p_p監督」に笑われながら、開店待ちをしていると続々と監督さんが集合して、パチンコ屋の開店待ちのような状態になってしまいました。遠くは、栃木から、川越から、そしてすぐそばの家から、参加者が揃いいよいよ開幕です。サテも大会モードが準備されていて、座席のくじ引き(グループ分けのつもりが、結局座席割りになってしまいましたが…公式もそうでしたっけ?)をして、ぶひはBグループ、流山監督、か〜た監督、ハシリュウ監督のヒュケ監督グループです。正直ふたりは手の内を知っているだけに、やりやすいっちゃーやりやすいんですけど、それは向こうも同じこと、特に初戦の流山監督は、そんなことはおかまいなしに、ガシガシ来ますから寝不足の朝イチの対戦相手といては最悪の相手でした。案の定、ぼこ!ぼこ!と音がするように、ゴールを決められ、ぼこぼこにされ終わってみれば0:3、はははw、この状態でぶひの予選敗退濃厚です。その後の2試合はどうにか引き分けましたが、Bグループは流山監督が2勝1分けで一位、ハシリュウ監督が3分けで2位抜け、なんと某店舗予選通過で勢いついていた今大会もぶひの本命「か〜た監督」は、開放台「シロブヒ」を攻略できずに敗退でした。その他のグループでも、本命視されていた監督さんが次々に敗退、ヒュケ大会のレベルの高さにぶひもビックリです。そんななか、Aグループの一位は新好敵手「マジョルカ監督」、Cグループは、「ジロウ監督」が一位、「ヒマツブシ監督」が2位で決勝トーナメント進出です。
さて、決勝トーナメントも、波乱がありました。まず、「ジロウ監督」「流山監督」「ヒマツブシ監督」が初戦を落としました。個人的な思いとしては、第一回ということもあり出来ればヒュケ常連監督に勝ってもらいたいと思ってましたので、残った監督さん責任重大です、なんてプレッシャーを掛けてもいけないので静かに見守り、準決勝は静かなる闘志をもつ男対決「ハシリュウ監督」vs「イイツカ監督」と、ヒュケの新星「マジョルカ監督」vs栃木から参加の「ホワイト店長監督」の白熱した試合となりました。今回名前もチームも白に関わる方が多くて、ぶひの頭も混乱してしまってますがホワイト監督のチームも、たしか全白。いや〜カサネガサネ残念なのはみなさんの対戦がのんびり観戦できなかったこと、できればみなさんの秘技を盗み見てパクちゃおうと思ったのですが、次回はギャラリーに徹しようかな〜なんて、本気で思ってます。で、気がつけば静かに「ハシリュウ監督」が勝ち上がり、もう一方では「マジョルカ監督」と、決勝はヒュケ監督同士の対戦となりました。正直ここまでやってくれると思ってなかったので、新好敵手「マジョルカ監督」今回のぶひのMVPです、賞品として黒トゥーレ10枚あげます。試合は緊迫した中、静かに得点をした「ハシリュウ監督」が守りきり優勝、第一回ヒューケット最強チャンプは「ハシリュウ監督」と決定しました。おめでとうございます。
予選3分で2位ぬけ、決勝トーナメントでも堅実な守備で冷静に勝ち進んでいた「ハシリュウ監督」、たしかボランチまわりの中盤がしっかり守っている印象があったのですが、今度あったらフォメをお聞きして掲載させてもらおうと思っています。

|

« 16番目の監督さん | トップページ | その2 »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ヒュケ最強チャンプ決定戦 その1:

« 16番目の監督さん | トップページ | その2 »