« 凹みにいないキーパー | トップページ | 16番目の監督さん »

2006年12月29日 (金)

ミッションインポッシブル

ヒュケの大会の打ち合わせをするために、3時頃家を出る予定にしていたのですが、用事が目白押しでなかなか外出できませんでした。どうにか、地獄の門番の目をごまかして4時過ぎにヒュケにいくと、ジロウ監督、p_p監督とプレーして待っていてくれました。しばらく見学して、今日はプレーなしでもいいかなーと思っていたのですが、ICCに「シロブヒ」でチャレンジすることにしました。エントリーは、ジロウ監督と常連強豪監督さんふたりに、ぶひをあわせた4人、グループでぶひとジロウさんは同じ組、なんと初戦で対戦となりました。
シロブヒもちょっといい感じになってきたところだったので、どうにか勝利をと思ったのですが、ドログバの突破を防ぎきれず0:1で敗戦です。ううっ、その後どうにか残りのCPUに勝って一位抜け? あれ? ジロウさんCPUに苦戦してしまい予選抜けしてなかったようです。強豪監督さん二人は無事、上がってきましたので、もはやこれまでと思っていたら、なんとか準決勝PK勝ち、さて決勝はと思いきや「ブルーアンサンブル」に苦戦してしまったようで、決勝は「ブルーアンサンブル」と、ここには予選グループで4:2で勝っていたので、ちょっと安心。気持ちよく勝たせてもらい、最近苦戦しているICCをゲットしました。
今日のぶひはなんといっても、この決勝であたるはずだった戦術固定・プレス連打タイプの監督さんのプレーに注目でした。ボタン操作をする監督さんでも、ここまで見事にサイドチェンジは出来ないだろうというサイドチェンジやパスにあわせて見事に抜け出すFW陣、そしてミドルを打ってはじくボールにつめるとこなんかも、本当に気持ちいいほど機能しているんですよね。同メンツ、同フォメでAI 対 ぶひのテクを試してみたくてしょうがありません。
さて、30日のヒュケ大会も間近となり、ワクワクしています。センダイ監督に提案していただいたローカル命名権も、どうやらお願いできる方向で話が進んでいますし、もしかしたら賞品もでるかも…、なんて話も(本番のお楽しみということで)明日時間があれば、もうひとあがきして、シロブヒを仕上げたいと思っています。

|

« 凹みにいないキーパー | トップページ | 16番目の監督さん »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ミッションインポッシブル:

« 凹みにいないキーパー | トップページ | 16番目の監督さん »