« シロブヒの奇跡 その2 | トップページ | シロブヒの奇跡 その4 »

2007年1月22日 (月)

シロブヒの奇跡 その3

老眼になった事もあり、活字離れが顕著なぶひですが、嫁さんが週刊文春が好きでいつも買っているためトイレ本として、読んでいます。なかでも、劇団ひとりのコラムが面白くて読んでいるのですが、警備員のバイトをしていたときに、暇を紛らすためキスゲームをしていたという話、すごく面白くて笑えました。
さて、ガリバーの続きですが…
Aグループは、ぶひとガリバーの強豪監督さんが一位抜け、流山監督とハシリュウ監督が2位で、その後のグループで、マジョルカ監督も2位で敗者復活はヒュケの監督さん3人がしのぎを削ることになりました。ブルース監督は、初めての公式大会で緊張と寝不足からの体調不良で、実力が出せず予選敗退。でも、きっと参加したことで、ブルース監督の戦力グラフは一回り大きくなっていると思います。
去年は、自分の試合が終わると燃え尽きていましたが、今回は精力的にぶひがマークする監督さんのプレーを観ることにしました。特に遠征組の監督さんのプレーは、こんな時しか観れないので、だれがおいたのかサテの後ろに椅子が二つ、特等席が用意されていたのでそこにちゃっかり座り、見えにくい時は立ってそばまで行きじっとみてました。印象に残ったのは、ヒュケでも見かけるたしか当日のガリバーのローカル代表チームの監督さんと、エリア獲得マークがついている監督さん(この監督さんもたまにヒュケで見かけます)の対戦、展開としては前者のほうが押していたのですが、パワープレーぎみな後者の監督さんが、ゴール前に持ち込み、それをクリアしたかに見えた瞬間DFがファールを与えてPKに…、全体を通して前者のほうが全然クリーンなプレーをしていたのに、この敗戦がたたって3位で予選通過ならず、うーん残念…。
もうひとつは、Dグループで、一人あきらかに他の監督さんとは、カードさばきやボタン操作が違う人がいました。左サイド突破の際のカード移動やヒュケのヒマツブシ監督のような擦り技、DFの細かい配置調整など、最初の対戦をみていてこの監督さんが抜けてくるのは何となく判りました。埼玉大会では、このクラスの監督さんが集合するんでしょうね〜、ウオッチャーとしてはすごく楽しみです。
で、7人の決勝T進出が決まり、次に敗者復活戦です。流山監督、マジョルカ監督、ハシリュウ監督の誰もが、勝ち抜ける実力はありますので、期待が持てます。しかし、初めての予選大会の緊張のせいでしょうか、みなさん肝心なところで選手が動いてくれなかったりで、ハシリュウ監督、流山監督、マジョルカ監督と善戦虚しく敗退してしまいガリバーの常連強豪監督が勝ち抜けました。
決勝Tの顔ぶれは、ぶひをのぞいてほぼぶひの予想通りのメンツとなり、誰とあたっても厳しい対戦になりそうだな〜と思いましたが、不思議と体力・気力ともあと2戦分ぐらいは残っていたので、まず一勝ということで、座席の抽選くじを引くと「一番」、なんかいい感じです。与野の予選予約が「1」、決勝T抽選が「1」ということは…。

|

« シロブヒの奇跡 その2 | トップページ | シロブヒの奇跡 その4 »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: シロブヒの奇跡 その3:

« シロブヒの奇跡 その2 | トップページ | シロブヒの奇跡 その4 »