« 「コンテスト参加チームを最も苦しめたチーム賞」 | トップページ | 抜糸 »

2007年5月 2日 (水)

フランエキストラ

朝一番で都内に出かけ、日暮里から丸の内にまわり仕事を済ませて、夕方の打合せまで時間があったので、池袋で遠征蹴りをしました。「シロブヒ」でカップ戦を獲りながら、勝率を稼いで任期延長を狙うため、あまり混んでいたら見学でもいいやと思っていたら、池袋のロサ会館はガラガラでした。この日の店舗レベル「E」ということで苦戦するようなCPUが出てくるような事も無く、CCとCSCをゲット。この後、渋谷で打合せ前に少しプレーできればと思っていたのですが、本屋に寄ったりして時間が無くなり打合せの後、帰宅しました。
家に帰って時計を見ると、8:30とちょうどビンゴタイムに間に合いそうです。ぶひぶひ号に乗って、ヒュケにつくと、池袋カード屋巡りをしてきたというジロウ監督と流山監督がもうビンゴカードを持ってWCCFにいました。今日の一等は「ホームベーカリー」でしたが、ぶひは最近ビンゴはさっぱりなので、参加するだけが続いています。
ビンゴ終了後、サテに戻るとローカル前で、店舗代表のひまつぶしチームの試合まで観ていこうと思ったのですが、せっかくなので「ブヒヤーベース」で参戦してしまいました。たしか、4人の監督さんが参加していましたが一戦目が終わると、2人の監督さんはゴーストに…。「ブヒヤーベース」は、初戦引きわけたもの2勝してグループ一位抜け。もう一つのグループ一位抜けは、最近ヒュケ登録のチームで関東エリアを獲ったチームでした。う〜ん、このチーム最近あまり観る事の無かったノータッチチームです。ボタン操作で強いチームは、CPU操作(AI)のエリア戦では、運任せのところがありますが、ほぼ同じ戦略になるノータッチチームはアタリチームさえつくってしまえば、最強かもと思っていたのですが、ぶひは実現できなかったので、興味深く思っていました。「ブヒヤーベース」は準々決勝でCPUに負けてしまい対戦は出来ませんでしたが、後ろでゆっくり観戦する事が出来ました。
決勝戦、何やら強気発言があったらしいwひまつぶしチームとの対戦、店舗代表2日目の最終戦は鬼門というジンクス通り、相手左アドリアーノに抜かれまくり、0:2で店舗代表の座を奪われてしまいました。こんな時は、対人戦だとどうだったろうな〜なんて空想してしまいますが、さすがエリアチャンピオンでした。
最近うちの嫁さんは、明治製菓のフランエキストラ「刻み碾茶(てんちゃ)」にはまっています。これおいしいけど、ぽりぽり食べているとキリが無く、ぶひの体重がこのところ変らないのはどうやら、このせいのような気がしている今日この頃です。

|

« 「コンテスト参加チームを最も苦しめたチーム賞」 | トップページ | 抜糸 »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: フランエキストラ:

« 「コンテスト参加チームを最も苦しめたチーム賞」 | トップページ | 抜糸 »