« クリスマスの贈り物 ’07 | トップページ | 渋谷団体戦後記 »

2007年12月26日 (水)

天丼かトンカツかそれが問題だ その5

WCCFというゲームも、人によっては楽しみ方もそれぞれ。ぶひは、大会大好きで、気軽に参加できるものならばどこでもいっちゃいたいくらいですが、「う〜ん、大会はちょっと…」とか「勝てないから…」とか「強い人ばっかり出るんでしょ…」とかいって尻込みする方が意外に多くてびっくりします。ゲームとはいえ、究極は強くなりたい、それもだれよりも、いずれは日本一にというように、皆が考えると思っていたら大間違いなんですよね。でも、似たような考えの人もいるわけで、公式大会が終わり、関西・東北・九州とあったコパ大会も終わり、あとはヴァージョンアップと思っていたら、来夏いこうということで、草大会でもしなくちゃもたないということもあって、SEGA系を始め熱心な監督さんがいるところでは、大会が開催されれば各地から腕自慢が集まってきます。

今回の渋谷ハイテクでの団体戦も、地元渋谷のほかに横浜・川崎・横須賀、そして栃木・宮城と多地域からの遠征チームが参加していました。面白いことに、同地域でも軍団が違うとプレースタイルが微妙に違ったり、逆にこれは地方色が出ているな〜というのがあったりと、思いました。織田型・豊臣型・徳川型というか、ホトトギス…いやチーム戦術も一概に古いとか新しいとか言えないもんだよな〜(謎)。
でも、この団体戦を通じてあらためて確信したのは、動くチーム+テク最強説ですかね。あまり詳しく書くと語弊がありそうですが、このバージョンはチーム7:テク3なのかも知れません。まあ、大会に出てくる猛者はテクは、ほぼ横並びなのでアタリチームを持っているところが強いということでしょうか。

話が底抜け脱線しちゃいましたが、いよいよ団体戦予選は8戦目を迎えます。計算では、本当に首の皮一枚つながっているところですが、ここまで頑張った監督さん達にはもうひと頑張りして、悔いのない戦いをしてもらいたいものです。とはいうものの、ぶひは悔いだらけ、というのもグループ予選が始まった頃、最終戦が東北のRBさんということで、たぶんこの頃には明暗分かれていて、気楽に親善試合が出来ると思い。今大会唯一の女性監督チカコさんに、女性監督にめっぽう弱いナガレヤマ監督を予告先発いや、対戦をお願いしたことが気がかりだったのですが、直前のナガレヤマ監督のいつもにないヤル気のある発言に心を決め大事なこの一戦を予定どうりの対戦で行うことにしたのでした。結果は残念ながら0:1と破れてしまいましたが、これはチカコ監督が強かったからで、決してナガレヤマ監督のジンクスという訳ではありません。東北軍団恐るべしです。

2戦目は、ぶひのマイミクさんでもあるK1さんとヒマツブシ監督の対戦となりました。エース・ヒマツブシ監督には今回の大会で相当なプレッシャーを受ける役目を押し付けてしまいましたので、もちろん勝って欲しいという気持ちもありましたが、最後くらい楽しんで戦って欲しいと思いました。試合は、ゴールの奪いあいとなり2:2の引き分けに、よって勝ち点ゲットならず。チーム・ヒューケットの初めての団体戦はここで終了となりました。

実戦をした監督さんは別の思いがあったかもしれませんが、ぶひとしては快い疲労と次回に向けての作戦と今回の反省、そしてブログネタの整理と頭の中をいろんな思いがめぐり、整理するためもあって、会場をあとにしたチーム・ヒューケットの面々を見送り、会場に残るとこにしました。
つづく

|

« クリスマスの贈り物 ’07 | トップページ | 渋谷団体戦後記 »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 天丼かトンカツかそれが問題だ その5:

« クリスマスの贈り物 ’07 | トップページ | 渋谷団体戦後記 »