« 雪の秋葉原は熱いか、寒いか その1 | トップページ | 少年の心 »

2008年2月 7日 (木)

雪の秋葉原は熱いか、寒いか その2

あ〜仕事で、パソコンに向かっていると、いつのまにか、ネットでWCCF系のネットサーフィンをしています。だって、めんどうくさいだもん…なんて、クライアントが見てたら怒られちゃいますね。
ヒューケットの2月17日の大会登録ですが、昨日の夕方(2/6)みてみたらもう定員オーバーしていました。東大和、小田原、千葉、蘇我、渋谷、三郷など遠方からの登録が多くて、びっくりしています。ヒュケの大会は、ゲーセン主催の大会ではなく、有志の方の協力で運営していて、限られた時間で進行していきますので、10時から受付、くじ引きとすぐに進んでいきますので、遠方より参加のみなさま、また近所のかたもよろしくお願いします。また、登録後参加できなくなった方がいたら、早めにお知らせ下さいね。なるべくたくさんの方に、参加していただきたいと思っていますので、ここでも結構ですので連絡下さい。

さて、アキバクラブSEGAの大会ですが、前々回優勝のマジシャン監督、エース・ヒマツブシ監督、そしてぶひとヒュケ組の渋谷に続く、全員予選敗退の危機を迎えてしまい、残るはジロウ監督とヴァーリー監督に望みをかけて予選Dグループがいよいよ始まりました。ヴァーリー監督、ジロウ監督とも強豪監督ぞろいのグループでしたが2戦を終わったところで、グループトップ。しかし、三戦目の結果次第で、一位になるか2位になるか、微妙なところだったのですが、二人の運命は大きく分かれてしまいます。ヴァーリー監督は、一戦目トラックさんとの対戦を引き分けそこからうまく波に乗れ、三戦目も勝利して一位抜け。一方ジロウ監督は、3戦目を勝利するも、2戦目のCPU戦後半44分まで0:0、ひきわけか〜とおもったとこで、どうにか一点獲って勝てたもの、この試合の苦戦が響いて得失点差で残念ながら2位になり、グループ敗退となりました。

ヒュケ組敗退4人は、ほぼガチのチーム、ヴァーリー監督だけが育成途中のチーム、それでこの結果ですから、アキバの大会は、軽いチームが有効というのはどうやらまだあるようですね。しかし、決勝Tは軽さだけでは抜けないんですよね。このへん、チーム選びの妙というか、使い分けることができると楽しそうですよね。ちなみに、ヒュケの大会ではレギュレーションフリーということもあり、進行上問題が無ければ(カードの交換に時間がかからなければ)チームの入れ替えオッケーで、やりたいと思いますので、色々試しても面白いですよね。

で、いよいよ決勝Tです。ぶひは時間が許す限り大会参加時は,自分が負けてしまっても決勝まで見ていくことにしています。対戦ももちろん楽しいですが、上手な人のプレーは見ていてとても参考になりますし、その時の「勝者の条件」を探し出すのも、推理ゲームのようで楽しいものです。ぶひのことですから、うまく解き明かすことはできないのですが、ちっちゃなヒントみたいなものは見つけることもあるのです。

まずは、ヴァーリー監督の対戦に注目です。グループリーグは、今一番旬といわれているクリンスマンが、育成途中の軽さとマッチして、動いていましたが、決勝Tでどうなるかは興味が持てるところです。初戦は、うんうんいい感じです。アキバは、ヒュケ組に優しいのかな〜と、思っていたら、準決勝はこの日一番ノリノリのなっつさんとの対戦です。3ボランチの両サイドを巧みに動かすテクもみごとですが、おしゃれなカードでいつもの実況上手な店員さんにつっこまれていました。そういえば、ヒュケ遠征組はあまりカードの上にアイドルなどの写真を重ねて使っている監督さんがいませんが、常連さんのなかには結構いろいろなカードを重ねている人がいますね。裏が模様はぶひも感心しませんが、表はその監督さんの好みでいいのかもしれませんね。ただ、ぶひのように、覗きマニアには使用選手が解りにくいので、困っちゃいます。え〜と、あのリア・ディゾンはアドリアーノで、森三中が、アイマール、ビセンテ、ビージャか…これはないですね。

準決勝は思うように動かずで、敗退してしまったヴァーリー監督ですが、この人数それも強豪監督ぞろいの大会でベスト4は評価できます。決勝戦は、何と静岡から遠征の監督さんとなっつさんの対戦となり、なっつさんの優勝が決まった瞬間、渋谷に移動するメンバーもいたので、早々にアキバを撤退しました。この日、ぶひはやりかけの仕事を放り出してきたので、一緒に渋谷に行きたい気持ちをぐっと我慢して、帰宅組に。ヴァーリー監督とジロウ監督は、渋谷道玄坂へと向かいました。

前にも書きましたが、大会時のチームの動きは、対戦相手との関係で大きく変わるとぶひは思っています。俗にいわれている補正現象はU-5vs全白とかの極端な戦力差のみに生じる現象ではなく、ちっちゃな補正は常に行われていると考えます。もちろん、チームの戦力は大きい方が基本的には強い訳ですから、補正と戦力差のバランスがとれたチームが、大会では強いということです。単純にいってしまえば簡単ですが、それを探し出すのが難しいわけですし、対戦相手が変ればこのバランスは変ってくるので正解がないのも事実です。

ヒュケのローカルに、毎日のように参戦しているぶひですが、ガチチームで40戦ぐらいの小学生にPK負けを食らったり、マジシャン監督にPK負けしたり(いずれも初戦)ローカル運から、見放されています。ぶひの操作が悪いのはおいておいて、ロナウドが絶不調なのが原因のような気が…いやいや、やっぱりぶひが下手なんですよね。

|

« 雪の秋葉原は熱いか、寒いか その1 | トップページ | 少年の心 »

コメント

ぶひさん、久しぶりです。
ヒュケの大会申し込みたいのですが(抽選?)
代理を御願いしても大丈夫でしょうか…?

投稿: アンパンマン | 2008年2月 7日 (木) 16時56分

 経験も情報もまだまだ足りない後続の監督がぶひさんの背中を見て、目指しているのも現実だと思いますから、あまりご謙遜をなさらずに・・・。実際に自分はぶひさんに勝てる気がサラサラしませんし^^;一度しか胸を借りたことがありませんが、確実な差がありましたし、いまでも目標ですからね♪

 なお、大会参加にあたり、皆さんが存じ上げてることも自分は
一切知らないので、差し支えなければメールにてのご確認をさせていただきたいのですが・・・。自分のアドレスはここです^^宜しければご一報ください。宜しくお願いいたします。

投稿: トキ | 2008年2月 7日 (木) 16時59分

アンパンマンさん
おひさしぶりです
ヒュケの大会は、キャンセルまちが何名か出ているので
ちょっと難しいかも…
時間があれば、観戦にきてもいいんじゃないかな
ぶひはいけないかもしれないけど、11日にアキバのGIGOで
大会があるので、それに出てみては、いかがでしょうか

投稿: ぶひ | 2008年2月 7日 (木) 17時38分

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 雪の秋葉原は熱いか、寒いか その2:

« 雪の秋葉原は熱いか、寒いか その1 | トップページ | 少年の心 »