« 師弟関係 | トップページ | 祝キャンペーン »

2008年6月27日 (金)

パートナー

さすがに、稼動店が増えたせいもあって、木曜は9:40で4番目(クラブSEGA秋葉原)。4クレ後、待ちが少なかったのですぐプレーでき、この日は夜10時頃まで粘って34クレ(カップ戦追加投入有り)で、さすがに疲れました。成績は、アンリ・ビエラ(写真参照)のパートナーの2期目チームは立ち上げ苦戦続きですが、だんだん動くようになりこれからが楽しみです。全黒ミランは、昨日は封印して、チャントロだけほぼマンUチームでエントリー、さすがに終盤のチーム(残り16試合)は強く、星二つゲットしました。こういうのがあるから、カップ戦勝ち抜き追加投入がないと困っちゃいますよね。完全4クレや6クレだと運が悪いと、カップ戦準決勝まで来たのに終わりじゃ、がっくりです。参加条件のないプレシーズン、キングス、エンプラは満サテなら、だれかが獲れるということになるので、チャンスなのです。

200806262106000

200806262106001

クラブSEGAの得点ランキングも、やっぱりロナウドが一位になりました。ロナウドはやっぱり強いですね、あとクライファート、バティストゥータあたりにぶひはよくやられています。プチ自慢ですが、ぶひのラヴァネッリが2位に、つづいてアンリ、デルピエロ、そしてぶひのニステルローイがかろうじて5位に。100点以下の低レベルな戦いですが、そのうちにコツを掴んだ達人が200とか300越えしてでてくるんでしょうね。まあ、空いてくれば、八百長プレーで得点やアシスト、又はカップ戦の譲り合いで楽に獲らせることをする監督さんがでてきますので、ランキングはあまり気にしすぎると強くなることが出来なくなるので、あまり意識しない方がいいかもしれません。

グラスゴーの中村はぶひが文句を言ったせいか、ロンシューを撃ってこなくなりましたが、回線切れゴーストになった対人チームのロナウドは一試合に8本ぐらいロンシューを撃ってきました。「おいおい、そこから撃ってきても入らね〜よ」と、笑っていたら終盤1本決められました。相手が、育成初期のチームだったからいいけど、グラフの大きくなったチームのゴーストは脅威かもしれません。「ミドルを撃ってキーパーがこぼしたところにつめる」、この攻撃もかなり有効かもしれませんが、もったら撃つじゃお子様プレーといわれてしまいます。新バージョンはちょい早めにシュート撃った方がいいですが、やはり局面ごとにタイミングを合わせて撃った方が決定率が上がります。また、コーナーを獲ったら、ニアにあわせていくと、かなり決定率が上がります。逆に守備時はキーパーの飛び出しでCPUには8割ぐらいキャッチでき、決められなくなりますが、ニアにあわせられると飛び出しが間に合わない時があります。

まあ、調整が入れば、全然変ってしまうので初期の攻略法はあまり役に立たないかもしれませんが、キーパーの飛び出し、中央突破とサイドからを織り交ぜた攻撃、2列目からの突破などコツを覚えると、楽しいカード集めゲームが楽しいサッカーゲームになると思うのでがんばってゲーセン通いをしようと思います。

|

« 師弟関係 | トップページ | 祝キャンペーン »

コメント

昨日新宿で初蹴りしました、ロケテ時よりミドルが入らなくなりましたね。
あれよあれよとEPCが取れましたが、その後にCPUチームのサラジェタに4点も入れられました。

投稿: 23 | 2008年6月27日 (金) 12時46分

たぶんミドル特性みたいなものが強いと撃つし入っちゃうんでしょうね
あれを調整すると、05-06みたいにあるゾーンに来ると急にすごいシュートを打つという不自然な感じになっちゃうので、難しいですね
本来90分以上のゲームを5分ぐらいにしているので、ゴール精度が高いのはしょうがないですが、もうちょっと考えてほしい気がしますね
文字通り覚醒した選手には、何をしても太刀打ちできませんね、ぶひも同じ選手に4点やられることあります

投稿: ぶひ | 2008年6月27日 (金) 13時41分

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: パートナー:

« 師弟関係 | トップページ | 祝キャンペーン »