« 増殖する監督カード | トップページ | ちゃんの仕事は「刺客」ぞな »

2008年7月 3日 (木)

許されざるもの

だんだん新稼動のプレーが重なるにつれ、カードも集まってきて、そろそろレアルマドリードでも作ろうかな〜と思ったら、また返ってこないジダンのことを思い出しちゃいました。ホームの監督さんが使いたいというので貸してあげたのですが数ヶ月して返却を求めても、「今度返します」とか「家に帰っていないので」とかいって、ごまかされつづけてもう一年近くになります。他のカードなら、代替えがあるのでいいのですが、ジダンは黒もないし本当に困っています…というか、だんだん腹が立ってきました。好意で貸したものが、こんな形でかえされるなんてひどくないですか。ぶひが強くいわないからと、周りの方にいわれたりしますが、今までの付き合いを考えると、なかなか強くいえなかったのですが、やはり社会のルールはそろそろ解ってほしいと思うので、もし近日中に返らないなら、手段を考えなくてはなりません。

昔仕事関係でおつきあいのある方に、ごちそうになった時、お返しをしなくてはと申し出たとき「あなたは、また若い方達にごちそうしてあげて」といわれたことがあります。余裕ができた年齢になったら、若い世代にごちそうする、そして次の世代にという具合につながっていけばいいということですね。同世代だと、おごりおごられが普通だけど年齢が大きく離れていると、どうしても一歩通行になりがちです。でも、その言葉を思い出し、出来る範囲ですが若い世代に奉仕してきたつもりですが、どうやらそれもよくないのかもしれません。自分のこずかいを使い果たし、ゲーム代を借りる若者も、返すといった期限を伸ばし延ばしにするし、返すお金がないからしょうがないかと思ったら、平気でゲームをやっていたりします。たしかに、2〜3千円のお金でぶひが路頭に迷うことはないですが、やはり借りたものは返すのがルールです。

もちろん、ルールをしっかり守る大人の付き合いが出来る若者も多くいます。ルールの中ならある程度の甘えも許されるでしょう。ぶひの古くからの友人で、純粋で素直ないいやつがいるのですが、学校を卒業し社会出ると、やはり悪いやつがいてそいつを利用して楽をしようとする訳です。友人はやはりだんだんと殻を作り人を信じなくなっていく、これって大人になっていくということとはちょっと違う気がするんですよね。駆け引きや観察眼を養うことは必要だけど、こずるくなったり、殻にこもったりするのは、悲しいですよね。まあ、そういっているぶひも、人にいえないようなこともするし、決して清廉潔白ではありませんが…。

ホームの新稼動に向けて、今まではっきりしていなかったハウスルールのようなものを提案しようと考えていました。新稼動から夏休みぐらいまでは、待ちが出る繁盛ぶりでしょうからクレ制限や順番待ちの方法、カップ戦の追加投入とゴースト、飛ばしについて…このへんまでは、ルールに出来てもロンシューはあれだけはいっちゃうと撃つやつ多いよな〜、秘密の木パート2でもガンガン撃ってくるしな〜。なんて考えているうちに、余計なお世話はやめて1ユーザーでいる方が気が楽だと思えてきました。ん?マイナス思考かな。

とにかく、フランス縛りやレアル縛りを構想すると、ぜったい「ジダン」が必要なんですよ。えっ?また買っちゃえば?それは、犯罪を許してしまうようで絶対出来ません。だから、声を高らかに「カンバッ〜ク、ジダン〜」と叫ぶぶひです。当事者の方、これはある意味、最終通告です。

|

« 増殖する監督カード | トップページ | ちゃんの仕事は「刺客」ぞな »

コメント

「そういうことじゃないの」と言われそうですがf^_^;

もし、どうしてもフランスが〜、レアルが〜。ということでしたら、いつでもジダンレンタルOKなんで御申し付けください。(^^)

投稿: センダイ | 2008年7月 4日 (金) 07時35分

借りたら返しませんよ〜w

本来ブログに書くようなことではないのですが、思ったことを吐き出してしまおうと不特定多数が不快になるとは思いながらも書いてみました。読んでほしい方には読まれずとも、心優しい方がいろいろと心配してくれるので心休まります。

投稿: ぶひ | 2008年7月 4日 (金) 09時43分

僕の中では、友人に貸す場合、その友人の価値まで、担保はその友人関係ってルールが有ります。
ぶっちゃけ、あげるつもりで貸さなきゃ駄目ですよ…
あげられないモノは貸さない。か、法的に出るべきです。子供に「大人は大人気ないコトをする事を教える」のは、大人の義務ですよ…

投稿: ろべ | 2008年7月 4日 (金) 13時57分

ろべさん、おひさしぶりです
自分は恋人だと思っていても、相手にはパトロンにしか思われていなかったエッチなおじさんの心境です。
友人ならきっとそんなこととしないので、便利なおじさんと思われていたのでしょう。
たしかに、大人げない対応は大人の特権ですものね、考えてみます。

投稿: ぶひ | 2008年7月 4日 (金) 14時21分

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 許されざるもの:

« 増殖する監督カード | トップページ | ちゃんの仕事は「刺客」ぞな »