« 究極の10枚 その1 | トップページ | アンリは獅子座 »

2008年8月17日 (日)

究極の10枚 その2

う〜ん、最初の一枚はやっぱり「ウエア」かな。パスを受けて、ドリブルしてシュート!!というサッカーの一番基本的な得点シーンが美しいのがこの人だと、ぶひは思うんですよね。ただ、ゴールパフォーマンスの前宙はちょっと危なっかしいけど…。使ってみて、すんごくよい成績を残した記憶はないけど、やはり強いカードですよね。新バージョンのロケテ時から稼動直後はよく見かけましたが、最近ではあまり使っている人を見ません。ベタすぎるから玄人を気取っている監督さんからは、毛嫌いされているようですが、ぶひは「良いものは良い」という主義ですから大好きなカードです。

そして2枚目は、G-link cupを戦った「ラヴァネッリ」ですね。対人戦では、前線での強奪技も使えますし、真ん中でもパワーを活かした、いい働きをしてくれますが、G-link cupでは左サイドの起用がばっちりハマり大活躍してくれました。スタミナがあるので、終盤動かなくなっちゃうこともないので、安心して使うことの出来るカードです。このゲームを始めた頃、ヴィアッリとこの人のチームによくボコられていたので、しばらく使わなかったんですが食わず嫌いはダメですよね。

同じチームでDFの要になってくれた「ブラン」も外せません。あの「ルケ・クリンスマン・ドログバ」のクリンスマン対策に選んだカードで、クロスを弾き返す長身であること、6バックで最終ラインを大きく広げるためカバーリングがうまいこと、そしてキャンペーンでクリンスマンと一緒にエクストラカードとして復刻されたこと、まあ最後の一つは何の根拠もないけど、このセレクトがハマり、クリンスマンチームには、強かったブランです。残念なことに新バージョンでは、スタミナ不足が出ることが多くちょっと使いづらいですが、でもこのカードも手放せない一枚です。

つづく

|

« 究極の10枚 その1 | トップページ | アンリは獅子座 »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 究極の10枚 その2:

« 究極の10枚 その1 | トップページ | アンリは獅子座 »