« 何故かシニョーリ | トップページ | 鳴かぬなら »

2008年9月20日 (土)

されどシニョーリ

今日はグレムリンの長距離砲攻撃を避ける為に、ひさしぶりに新々秘密の木にいってのんびりシニョーリチームを育成しにいきました。先客が二人いて、いつものように強制対人のため、何度となくその二人と対戦。う〜ん、シニョーリはクロスを空振りするわ、ドリブルでつぶされちゃうわで、こりゃダメかなと思っていたら、怪我しちゃいました。そこで、控えのカベナギに替えた途端ハットトリック…あれれ、まさに怪我の功名、でもこのカベナギも一試合持つ程の体力はなく、ナカムラ(白)やトップ下のリケルメを上に上げたりしたのですが、どれもファンタスティクな働きで、シニョーリの影は薄くなるばかり。そんな本人は真っ赤になって、使ってくれ〜といっているので、使ってみると、う〜ん。コーナーをあわせての得点は、うまいんだけど、シュートは左で蹴ろうとする為モーションが大きくなるのが難点ですね。文句をいいながらも、最低ラインの5割キープで最後にEPCを獲って今日は終了。気がついたら20クレもやってしまいました。
このチームシニョーリだけが戦犯かというと、トップ下起用したリケルメがつぶされまくりで、この選手もっと上で使った方がいいみたいですね。ナカムラをトップ下にして、リケルメのワントップ、右サイドにC・ロナとする形が一番いい成績を残しています。テクニック値の高いMFのワントップ起用、ナカムラに継いで期待できそうです。そして、もうひとつクロブヒで大活躍のナカムラ(IS)が白でも活躍するのか、ちょっと使った感じでは良さそうです。これからも、試してみますが白でもいいなら、大会時のチーム総合値の調整には便利なカードになるかもしれませんね。ナカムラワントップの全白やってみようかな。
まあ、シニョーリのランキング入りは難しそうなので、色々試しながらもう少し勝率を上げていきたいですね。

|

« 何故かシニョーリ | トップページ | 鳴かぬなら »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/45709/23870112

この記事へのトラックバック一覧です: されどシニョーリ:

« 何故かシニョーリ | トップページ | 鳴かぬなら »