« 2008年9月 | トップページ | 2008年11月 »

2008年10月30日 (木)

隠れ家のようなそば屋

「隠れ家のような…」という表現で、都内のお店が紹介されている場合、ちょっと路地に入ったとこだったり、住宅街にあったりで、見つけられないということは無い場合が多いのですが、先日撮影の帰りに寄ったそば屋は、まさしく「隠れ家」というお店でした。
雑誌などで、何度か紹介されていたので得意先の近所ということもあり、一度はいってみようと思っていたのですが、まず場所が解らない。普通そば屋といえば、植木なんかおいてあって、メニューケースがあり、出前の自転車があったり…、さすがにこだわりのそば屋なのでそれは無いかもしれないけど、看板ぐらいは出ているかと思いきや、あるはずの場所に無い。こんなことが続き、存在は気になっていたけど場所が分からない幻の店という状態が一年程続いていたのですが、一ヶ月程前に、ふと思い出しそれこそ落としたコンタクトを探すように丹念に探してみたら、ついに発見しました。
そこは、ぶひがやっと通れる程の狭い路地を5mほど入った古びた民家のをそのままお店にしたところでした。夜になると入り口に電気がともり少しお店らしくなるのですが、ぶひが捜索をしていた昼には名刺程の店名を書いた紙しか無く、まさかこの奥にお店があるとは誰も思わないでしょう。それにこんな路地をうろうろしていたら、こそ泥か不審者として職質されてもおかしくないです。
営業時間とぶひが行く時間があわなかったりで、発見してからしばらくいくことが無かったのですが、撮影の帰り手伝いにきた嫁さんにせがまれて、眠い目をこすりながら予約も無しでいくと、まだ少し早かったせいか1時間程ならオッケーとのことで、奥のテーブル席に着きました。
そばのメニューは盛りと、二種盛りの2種だけ。「おう、そのぐらい自信があるということだな、よ〜し、まずかったらただじゃおかね〜ぞ。」と、そば喰いの血が騒ぎます。嫁さんは、そば屋で一杯が大好きなので、日本酒に、おからやらわさび漬けなどを肴に頼みご機嫌です。
古民家でそば屋というと、ジャズなんか流れていそうですが、なんだか国籍不明の音楽流れていて、そこにそばを打つ音が聞こえ、ほぼ徹夜で撮影で一日緊張していたぶひの魂は、つい天国に吸い込まれそうになること数度ならず。そういえば、この店の名は「眠庵」だったな〜と薄れていく意識のなかで、思い出したころ出てきた、二種盛りの一枚目は「山形産そば粉10割」。ちょっと水回しが甘いかな〜なんて偉そうにつぶやいたもの、引きぐるみの香り高いそばは、ぶひの早食いではあっという間。こだわりのそば屋は、どうしてこう盛りが少ないんだろうね〜。二枚目は、「徳島産そば粉10割」おっ、こっちのほうが、ぶひ好みかな。新そばらしく緑がかったそばは、のどごしよく、やはり数口でなくなってしまうのでした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年10月24日 (金)

カメラマンのすすめ

あんまり静かにしていると、ぶひさん死んだんじゃないかといわれそうなので、更新します。WCCFは、禁断症状が出ることも無く、「あれ?もしかしたら、このままやめられるのでは…」と、思うぐらい、やりたい気持ちがあまりおきません。そのせいか、財布のお金が減らないことといったら…、しばらくこのままでいられるといいですね。
カードも、ヤフオクにだしたりして,ちょっと整理をしています。カードショップなどで、購入予定のあるかたは、ヒュケで見かけたら声をかけてみてください。タダであげるほど、優しくはないですが通常のレートでなら、お譲りします。

ヤフオク出品は、写真を撮るのが面倒ですよね。やったことがある人は判ると思いますが、意外と平面のカードというのは撮影が難しいもので、反射してしまったりで思ったように撮れないことが多いです。かといって、フラットスキャナーなんかで撮るとなんだか不自然な感じになってしまうし、商売柄一応撮影機材などは揃っているのですが、まさかその為にセッテイングするのもなんだしね〜。

先日、本業の方の撮影があり、一日立ち会いに行きました。久々の撮影だったし、前日は夜遅くまで(というか朝まで)仕事をしていたので、けっこう疲れました。この日の撮影は、「ブツ撮り」といって、商品のカットを撮っていくのですが、昔のフィルムの撮影と違いデジタルなので、ポラを見ることも無く、デイスプレィに映し出された映像を確認するという形になっています。あの、ポラをめくる感じもたまらなく好きだったけど、後修正ができるので、デジタルは楽ですよね。

自分で写真を撮るのも結構好きなので、35mmなら自分で撮ってラボに出して仕事に使ったりもしました。自分の作品が印刷物になるのはやっぱりうれしいものです。下手な鉄砲も数撃ちゃ当たるというか、景色とかなら条件が良ければプロ並みの写真が撮れることがあります。フィルムカメラをお持ちの方は、ネガフィルムでなくポジフィルムを買って、ぜひチャレンジしてみてください。都内なら、プロ用のラボがあるので持ち込んで現像してもらうと、ちょっとしたカメラマン気分が味わえますよ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年10月19日 (日)

ここ数日

冬眠中です…、ぐうぐう〜。

| | コメント (9) | トラックバック (0)

2008年10月17日 (金)

気がつけば渋谷

打合せで都内に出た帰り、アキバのGIGOを覗くも06-07稼働中。もっていると、やっちゃうので今日はカードをもってこなかったので、帰宅しようと電車に乗ったのに、降りた駅は渋谷でした。
どうせ行ったって、カードないからやらないのに、とりあえず一目だけでも新バージョンのロケテを見ようと、GIGOの8階へ。夕方ということもあってか、満サテです。しばらくふらふらとしていたら、ネコさんが来たのでプレーを見学させてもらいました。
う〜ん、ミドルの威力はあきらかに落ちましたね。最低でも、ペナルティエリアの近くまでいかないとシュートは入らない気がします。そしてキーパーの飛び出しが遅くなったかも、CKは飛び出せば獲れたのが、間に合わなかったりするシーンが目につきました。パス回しも、あまり早くなくカットされることが多くなったような…。そしてプレスを多用すると試合時間が長くなったせいか、DF陣のスタミナ切れが起こるようです。ただ、CPUがやたら弱くなったせいか、ロケテに来ている人達が達人ぞろいなのか、フレンドリーのCPU戦はほとんどの人が勝っていました。
自分でプレーしていないので、よくわからないですが、試合の雰囲気は05-06の立ち上げ直後みたいな感じとでもいいましょうか、まあまだロケテ始まったばかりですから、06-07のロケテ初期に比べれば全然いい出来です。
見ているうちに、スターターパックを買ってでも始めちゃいそうになったので、隣りのドーナツ屋さんでお土産を買ってさいたまに帰りました。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008年10月16日 (木)

07-08ロケテ…だってよ!

でひゃ〜〜、07-08ロケテ開始ですか〜〜。そうすると、新稼動から一生懸命やらされていたのは、巷で言うように、この07-08の為のプレロケテだったんですね。まあ、新筐体を出す為にはしょうがない行為だったんでしょうが、ショ〜ックです。マロンあたりは、結構前からこの情報をつかんでいたようだし、雑誌記事でも予想されるようなことは書いてあったけど…。
ネコさんとこでレポートされていた内容だと、そうとうユーザーに優しい仕様になっているそうです。これも、どうなんだろうね、まあ簡単に勝てるのは、ぶひのような下手な監督さんにはうれしいけど。06-07の仕様で勝てる方法を模索していた人には、やっぱりちょっと悲しいかも。
今回は、踊らされること無くヒュケに来るグレムリンぐらいのペースで遊びたいと思っているけど、そんなこといいながら今日は渋谷に行っているかもしれない自分が怖いです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年10月15日 (水)

冬眠

ちょっと忙しいので、買い物帰りに、ちょこっとヒュケを覗いては帰ってくる今日この頃です。この時期やらなくても気が済むのであればこの方が健全でいいのですが、また数日すると禁断症状が出てくるかも…。
このバージョンのウリの一つだったネットワーク対戦を最優先にSEGAも頑張っているのだろうから、大会モード搭載はもっと先になってしまうのかもしれませんね。もっとも、大会モードはそれほど難しいオプションではないはずなので、現状のゲームバランスに問題が無ければ今すぐにもできてしまうのだろうけど、それでは大会で優勝するのはどこからでも撃てる強い精神力をもっている人か、バイオリズムの波が頂点に来ているグレムリンとかが優勝ということになりそうなので、さすがのSEGAも年内には公式大会を企画するようなことは無いと思います。
それなら、いっそそれまで巣穴にもぐり、ぐうぐうと寝ていて、暖かくなった頃に起きだしてくるのが正解かもしれません。ぶひの周りの監督さんたちも、最近では冬眠している人が多いようです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年10月12日 (日)

夜のICC 二週目

2回目のフライデーナイトICCということで、20時前にヒュケに行くと、あれ〜みたことあるチーム名の人が…ということで、ナムコさん発見!! 仕事帰りに遊びにきてくれたそうなので、ぶひも空きサテに座りICCにエントリーしました。ICCには5人の監督さんが参加しましたが、ぶひは三人の方のナムコさんと違う山で、ボリエッロでグループ抜けは正直きびしいと思っていたら、神の力も借りて一位抜けしちゃいました。ところが、肝心のナムコさんまさかのグループ落ちで、夢の対戦はお預けでした。

ボリエッロは、覚醒してオフェンスアップしてからどうにか得点できるようになり、アイマールとビセンテの強力なアシストのおかげもあって、「すげー弱いチーム」から「弱いチーム」ぐらいにはレベルアップしました。まだ任期はあるから、「普通のチーム(勝率5割)」になるようにがんばりましょう〜。

ボリエッロチームラインナップ
監督 ブヒリモビッチ(NML-E)
11.ボリエッロ(02-03)
10.ビセンテロドリゲス(WWF)
9.アイマール(CRA)
8.カンビアッソ(06-07)
7.マニシェ(06-07)
6.ガットゥーゾ(06-07)
5.アンドラーデ(04-05)
4.アレックス(05-06)
3.スタム(02-03)
2.ヴィヴァス(02-03)
1.ゴメス(05-06)

16.イアクィンタ(02-03)
15.ケズマン(04-05)
14.アッピア(02-03)
13.ジャンニケッタ(02-03)
12.パヌッチ(05-06)

ボリエッロは置いておいて他のダメだしは、マニシェからビセンテへのサイドチェンジが胆だったんだけど、この目論みが見事に失敗。スルーパス重視がよくないのか、マニシェからビセンテまで届かないことが多いです。右SBはパヌッチだったんだけど、ここから抜かれることが多いのでヴィヴァスを右にして左にアンドラーデというありがちな4バックにしちゃいました。ゴメスはPK以外は及第点かな、アレックスとのコンビネーションがよくて飛び出しちゃった空のゴールをカバーしてくれたりするは素敵です。

ボリエッロは60試合を経過した現在でも、早い時は前半でスタミナが無くなるので後半イアクィンタ投入が定番になっているのだけど、イアクィンタはいいですよね。ボリエッロ 15-8-14-14-14-12=75とイアクィンタ 16-6-14-17-12-12=77とたいして違わない気がするけど(違うか?)、裏パラなのかシュート力の違いが、フィニッシャーとして使える使えないを大きく分ける要因になるんですね。現バージョンでは、KP選択で動きが変ってしまうこともあって、一概にはこの選手はこうだということが難しいですが、能力合計が70台のカードから優良カードを探すのは、結構大変ですね。
対戦相手でいい動きをしている選手や、黒や綺羅に昇格した旧白、あとは裏パラ優遇を絶対受けているとしか思えない日本人またはJリーグ在籍歴のある選手から、直感で選んでみるものの、なかなか思い通りにはならないことが多いです。

そういえば意地悪なナムコさんは、ぶひを引退させたいらしく、デコをくれましたw、これで残りは8枚。384分の8はそう難しい確率ではないはずですが、10月中に達成できるかな?

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008年10月10日 (金)

デアゴスティーニ♪

一日やらなかっただけなのに、もう禁断症状が出て気がついたら30クレもやってしまった。15時過ぎのプレシーズン決勝にゲーセンにいって、夜のプレシーズンを獲ったってことは5時間以上もやっていたのか〜。歳をとったせいか、それとも楽しい時は過ぎるのが早いということなのか、あっという間だった気がする。
成績はレギュラーリーグはさっぱりで8位、3位とD2から上がれず、でもカップ戦はいかにもシナリオどおりの展開でTHC、NSC、PSCと獲れてしまう。最後のPSCなどは、一回戦で一人、準決勝で一人と好成績の監督さんが謎の死(負け)を遂げ、気がつくと決勝はぶひのボリエッロチームとCPUチームの対戦に、D2とは全く違ったチームのように動くぶひチーム圧勝でPSCをゲットと、今このゲームをやるなら、もうこういった現象は受け入れるしかないんでしょうね。

純正のカードファイルを迷ったあげく買わなかったので、手持ちのピンクのファイルバインダーに市販のシートを買ってカードを整理しました。ダブリの多いカードは、8枚ぐらいあるのに未だ引けない白黒カードが9枚程ありこれを自力で引くまでは引退しなくて済みそうです。こんなこと書くと、ぶひを引退させようと意地悪な方が「あげます」といってくれそうで怖いですがw、モイセス(37)、イウシーニョ(68)、トマス・ロシツキー(92)、アンドレアス・ゲルリッツ(194)、アレックス(259)、アルーナ・コネ(271)、クリスティアン・ブロッキ(280)、デコ(343)、イバン・エルゲラ(355)の中から、最後に残るのは誰でしょうね。見事正解した方には、ぶひの熱い抱擁とダブりどころかトリプっているWGKレイナをプレゼントしますので、どんどん応募してください。(正解者多数の場合は一名のみの抽選になります。)

最近ケーブルテレビのスターゲイトシリーズにハマってます。本編はシーズン10に突入し、スピンオフのアトランティスもシーズン3へと。HDレコーダーで予約録画して毎晩遅くなってみるのでつい寝不足になりますが、SF好きなぶひさんには楽しみな日課となっています。そして、シーズン1からのDVDと解説本があのデアゴスティーニから発売されました。あの会社シリーズ物を次から次へと出しているけど、最後まで買う人ってどんだけ〜いるんでしょうね。DVDなんかはいいけど、全部揃えるとできるなんていう模型なんて、途中でやめたら勿体ないけど大部分の人が挫折しちゃうんだろうね。ちょっと気になったので、ネットで調べたら、けっこうありますね〜、う〜んフェラーリF40か、創刊号が890円で2〜10回が1,790円ということは、計17,000円です、いい値段ですよね。あっ、もっとすごいの発見、ハーレダビットソン51回で完成らしいが、それって90,000円ちょっとじゃん、中古の原チャリ買えるよ。えっ、それは小市民の発想だ? たしかにね。

それに、新稼動からもう数十万つぎ込んでいるWCCF中毒患者にくらべれば、健康的な趣味だよね。そうだ、デアゴスティーニで隔週にプレー権10クレ分を本屋で売ってもらえばいいんだ、そうすれば…。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008年10月 9日 (木)

中毒矯正プログラム

「秋深し隣は何をする人ぞ」は、芭蕉だったっけ? ブログを書いていると、ネタとして他のプレーヤーのことが人一倍気になったりするんだけど、「我が道を行く」というタイプの人には連携やら攻略法など二の次で、それなりに勝って、それなりに負けてという感じが一番健全で楽しそうだな〜なんて思ったりもします。
ロケテの全然勝てない状態から、とにかくカードを引きたい新稼動期を経て、全冠チームを何チームかやってちょっとコツのようなものがみえてくると、やっぱりぶひさん得意の思いつきチームがやりたくなり、シニョーリやボリエッロチームで最近は遊んでいるのですが、弱小チームらしく普通のとこにはめっぽう弱いもの、枠が異様に大きかったり、勝率の高いとこには、本当強いんですよね〜。でも、テクで勝っている訳でなく120%補正勝ちだし…、こんなんなら連敗した方が気持ちいい気がする。
以前は絶対しなかったけど、最近はわざと負けたりもする。これじゃ楽しくないよな〜なんて思って家に帰っても、次の日にはカードをもって出掛けているし、やっぱし中毒なんですかね。

仕事で都内に出たので、アキバを散策。メイド喫茶の客引きのおね〜ちゃんの綺麗な足にみとれながら、マロンで01-02シニョーリ(50円)と何枚かの白黒を購入。シニョーリチームはもう残り3試合しか無いけど、入れ替えてみよう。GIGOは3人ぐらい、クラブSEGAは何故か満サテで、ぶひは仕事もあったのでプレーしないで帰ってきちゃいました。あっそうか、デッキケースキャンペーンしているんだよね。イングランド、イタリア、スペインはもう終わっていたけど、他はまだ残っていたな。ヤフオクでは2〜3000円で売れるみたいだから、プレー代4分の一ぐらいはキャッシュバックしてくれるのと同じだよね。キャンペーンをやっていない非SEGA系ゲーセンは代わりに1クレサービスとかしてくれないかな。

あんまり勝てなくて、文句ばっかりいっていてもしょうがないので、ガチチームを一つ立ち上げようかな〜と思って、う〜んじゃ「トッティ」のチームにしようと、メンバーを選び始めたら当たり前のイタリアチームになってしまったので、保留。中毒矯正プログラムの一環でボリエッロチームで負け続けて、「もうやらな〜い」というようになるまでやった方がいいのかもしれません。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008年10月 5日 (日)

ロンシュー監督の呪い

不思議なもので、あまり自分に似ているものより、正反対にあるものに惹かれることってありますよね。自分に似ていると鏡を見ているようで辛いからかもしれません。がまの油を絞り出すならともかく、あまり自分の醜い所は直視したくないものです。磁石のように、対極に引きつけ合う磁力が永久に働くように、自分に無いものへの憧れに似た思いは、常に働いているのかもしれません。

土日はグレムリンたちの餌食にされないように、見学していようとおもったけど、例のロンシュー監督がいたので、タイトルホルダーにエントリー。こういう時、絶対の自信があるチームがあるといいのですが、ぶひの手元には、まだ5割にできないでいるミランチームしかなかったのですが、とりあえず一泡吹かせればということで、気合いを入れて試合開始です。いきなり一戦目からロンシュー監督でしたが、前半は普通に進行していてよかったのですが、後半からやっぱり撃ってきました〜。そのたびに、顔を見るのですが平然しています。う〜ん、このひとロンシューがあまりお行儀の良い行為じゃないことが判ってないのかな〜。そう思うと、怒りもそれほどでなく、なんか可哀想な気もします。唯我独尊というか、文字通り人の目なんて気にしない、それはそれで素敵なことなのかもしれません。が、誰にも迷惑はかけないという前提があってですがね。ぶひなんか、オタフォメだの、ガチだの、補正狙いだの、バク利用だの、連携無視だのといわれるたびに、「あぁそうかな〜じゃそういわれないようにするには…あれ〜、それじゃ〜なんにもできないじゃん。」と、結構悩んだりするのに…。

結局、予選と決勝で5本ぐらいは撃たれ、そのたびに顔を見るのですが、いっこうにやめる気配は無し。もう、最後はなんか慣れてしまって、勝ってたのもあって苦笑してました。タイトルホルダーが終わり、またレギュラーリーグであたるのは苦痛なので、残りの1クレでボリエッロチームを立ち上げ、メダルコーナーに避難しました。しばらくして、戻ってくるとまだやっているし…。EPCが終わったあたりで、やっと帰ると周りの監督さんから口々に、苦情噴出でしたが、ボタン連打がうるさいとか、ロンシューとかは、お店から注意してもらうには微妙な問題ですから何としようがありません。でも、いなくなってすぐに隣りのサテが試合中にエラー終了してしまった時は、みんなが「あのおっさんの呪いだ〜」といっていたのには笑えました。

新バージョンになって、今まで常識とされていたようなことも、だんだんと変ってきている気がします。縦方向のパスをダイレクトにシュートするのは、前バージョンではほとんどできなかったので、二段と混同してしまうことがなかったのですが、現バージョンでは見た目では二段なのか縦パスからのダイレクトシュートなのか、音を聞かないと判らなかったりします。ペナルティエリア外からのシュートも、つい遠慮がちになってしまう05-06の大会マニア感覚のぶひと、そうでない人達との間ではギャップがあります。このへんの基準は、都会の軍団系あたりが作ってくれそうな気がするので、それまでは自分の美学を信じてプレーするしかなそうですね。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2008年10月 4日 (土)

夜のICC

ヒュケの金曜限定「夜のICC」が今日からということで、昼のリセットと夜の本番と行ってきました。リセットはICCが終わった3時頃、心配していた利用者もICCをやっていたエリアマークの強者監督さん一人だったので、問題なくリセット完了。再立ち上げも5分程と、前バージョンに比べて格段の早さなので、これからも問題なくできそうです。そして、帰宅して少し仕事をして20時ちょい前に、またヒュケに。
このイベントのせいではないでしょうが、CC開催中のサテには5人程プレーしていました。ぶひは、見学のつもりでしたが、CSCにミランチームが出れたのを思い出してCSCから参戦。残りクレで、ICC(結局6人が参加)にでるも、ミランチーム相変わらず動かずで予選敗退。う〜ん、三戦目はライジングサンなんちゃらにも負けてるし…、50戦越えたらちょっと良くなるかなと思っていたけど、ダメみたいですね。残りクレを遊びにきていたヴァーリー監督にやってもらったけど、逆転勝ちでやっと初めての黄金連携がカカとシェバについていました。(シェバ・カフーは初めから着いていたけど、カフー退団させちゃったので)
口コミとかでも、「金曜夜のICC」が地元で伝われば、普段ヒュケにこない監督さんとも対戦できるので、ぶひは楽しみですが、そのうちによそのゲーセンでも始まるかもしれませんね。大会モードのない現バージョンで、下位カップ戦のように酷い補正が掛かりにくく、全サテが条件を満たしていれば参加できるので、プチ大会気分が味わえるICCは、楽しいと思います。とりあえず記念すべき「夜のICC」初代チャンプの座はヒノ監督がゲットして、フライデーナイトフィーバーは幕を閉じました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年10月 1日 (水)

フライデーナイトフィーバー

思いついたチームを立ち上げようと、任期の終わっている監督カードをながめて、「このカードはパートナーが一人だったからつぶしちゃおうか、いや勿体ないな〜」なんて、悩んでいたけど、新規に立ち上げればいいことに気づいて一件落着。たくさん監督カードあっても、別に問題ないしね。成績悪かったら、NML-Eだからっていい訳できるし…。

でも、今日はミランチームで5クレ。無謀にもCTにエントリー、サテは結構埋ってたけど何故かぶひの一人旅だったので、もしかしたらと思ったら決勝でCPUに撃沈されました。そうそう、この日のプレーからダメダメだったカフーをデザイーに替えちゃいました。いや〜ひさしぶりだな〜デザイー使うの、昔はバレージかウエアがいれば自動的にメンバーに入れるくらい好きなカードだったけど、しばらくご無沙汰でした。で、使ってみて(まだ5試合だけど)まずはいい感じです。噂のフォアリベロディフェンスが適応する位置は4バックの前、ど真ん中そしてディフェンス認識させないとダメみたいです。KPにしてなくても、結構上がっていって攻撃参加してますが、守備はきちんとやっています。

10月からホームのヒュケでは、金曜日限定で夜のICCが開催されることになりました。ナイトプレーヤーにとって、全冠の一番の障害になった毎日同じスケジュールでのカップ戦開催。好評なら、1日おきとか増やしていけるといいですね。まあ、ICCなんてやりたくね〜とか、よそと違うのはずるいんじゃないの? なんていう方もいるでしょうから、あくまでもテストということで…。でも、ICCは昼だから獲れないと諦めていた監督さん、金曜の夜は(20時頃かな)ヒュケに集合です。でも、みんな集まってきたらすごいことになりそうですね。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2008年9月 | トップページ | 2008年11月 »