« 第一回 帰って来た最強監督決定戦 その3 | トップページ | バブルとキャンペーン »

2009年4月16日 (木)

第一回 帰って来た最強監督決定戦 おまけ

新筐体になって、初めてのホームの大会。ぶひは、IS中村・中田・ホアキンの攻撃陣に小野以外は全部黒カードという「クロブヒ@JAPAN」と、本来U-5の「サノゴシステム@Bh」をKトゥーレ・タッキナルディ・サルシドを黒に、ドニ・ネスタ・プジョルを綺羅にパワーアップして、参戦しました。

まず一次予選は、渋谷ではまるっきり動かなかったサノゴシステムでスタート。渋谷では100戦ぐらいだったこのチームも150試合の任期を終わらせ、連携・個人能力と補強したので、特ボセットはできなかったもの動きがよくなり2連勝したので、本日のぶひさんのノルマ達成。3戦目のマジシャン監督(使用チームは準優勝のヒマツブシチーム)は、デフェンスの動きを変えようと遊び心を出したら2失点してしまい引き分けにするのがやっとでした。パワーアップして黒2枚綺羅2枚になったDFラインなのでフラット4を動かさずに守れないかな〜と思ったけど、やっぱりサイド偏重には寄せた方がいいみたいです。ただ左右に攻撃の起点を替えられると、ポッコリ空いたスペースを気持ちよく抜かれるので、隣の気配に注意してないとね。今回大会モードが隣席マッチのみなので、フォメも観れるし、試合中の動きも視界に入るので、これも情報として利用しないと。そういえば、この日採用した5人グループ4戦システムは、5人のうち一人が休みになるのだけど、最初の休みを引いた人は対戦者の試合をまず見ることが出来るという特典が付いてきます。これってぶひさんのような計略家には、うれしい特典ですが、この日ぶひはF-2を引き、休みは最後の5戦目。まあ、さっさと終わらせて2次予選のメンツ決めなくちゃいけないので、ちょうど良かったけど…。

そして4戦目に対戦したSIG@MARUSHOくんのチームが、すごかった。どうせ右からと思ってプレスにいくのを少し遅らせていたら、左ボランチのイニエスタがするするとあがってくる。げっ、スタート直後によくある独走そして止まらずゴールのパターンですか。このあとも、なす術無く3点献上。テベス・Cロナが大活躍してるし、うちはサノゴで一点取るのがやっとで、1:3で完敗でした。

決勝Tに残った4チームとぶひは、全部対戦したけどやはりこのチームは、4チーム中でも一番動いていた昔で言う当たりチームになっていて、ワンマッチでリセットされる今の大会モードでは、こういうチームは強い。もちろん、このチームを使いこなす腕もAIGくんは持っていたのだから、鬼に金棒状態ですね。

1次予選を2位の3番目(4番目まで2次にいける)で通過したぶひは、もう一つのチームを試すことにして2戦目にクロブヒを出しました。カードを並べて、スタートを押して…、あれ?キーパー、ジダじゃないじゃん。前に終わったのを引っ張りだしてきたので、カードの裏に書いたのを信じてカード揃えたのに〜、そういえば途中でカリッソに替えたんだった。まあ、いいかって、よくないよね。案の定、サイドからのクロスに飛び出しが間に合わず3失点、中村のするするドリブル突破で2点返すも万事休す。これで、ぶひさんは緊張の糸がプチッと切れて、三連敗で2次予選敗退しました。

サノゴシステムも本家のように攻撃のバリエーションがないと迷いが無いのがいいのですが、サイドのケイタが抜けない、抜けてもサノゴに合わないとなると、手詰まりとなってしまいますが、攻撃陣のユーティリティが高いと、状況に応じた攻撃が出来ます。このバージョンでは、右サイド突破とラインブレイクが得点しやすいと思うので、この2つは出来るようになっていると強いですね。

今回優勝チームはテベス、準優勝チャールトン、3・4位がクリンスマンと、よそで全盛のトーレス、ビージャ、ロナウド、ペレが少なく、トーレスに関してはぶひが観たとこではいなかったような(使ってた人いたらごめんね)。これも、サノゴシステムが多いためクロスにあわせるのが巧い選手がセレクトされていたためと、ヒュケの常連さんはあまのじゃくが多いので、サモラノとかフンテラールとかマルティンスとか、よそであまりみかけないのが大好きな為ですね。

ヒューケット得点・アシストランク(09.04.15現在)
得点
1.フンテラール
2.マルティンス
3.ボージャン
4.サモラノ
5.ドログバ

アシスト
1.ゴブ
2.リベリー
3.メッシ
4.タルデリ
5.ロナウジーニョ

ただ、ランク入りしていたチームはベスト4に1チームも残れず苦戦していたことを考えると、やはり一方向からの攻撃パターンでは、大会での好成績はないと云うことになるのでしょう。

これから、何度かのバランス調整とバージョンアップで、甘いオフサイド判定がもう少し厳しくなれば、今のやり方では勝てなくなると思うので、最終的には左右と中央、臨機応変に攻めることが出来る形に大会用チームは作ることになるでしょうが、現段階では強力なCFで、中央・右が使えるチームが大会では強いという印象をもちました。


|

« 第一回 帰って来た最強監督決定戦 その3 | トップページ | バブルとキャンペーン »

コメント

アップお疲れ様でした。楽しく読ませていただき、かつ勉強になりました。(^.^)

投稿: 仙台 | 2009年4月16日 (木) 19時49分

次回は、ぜひご参加ください。
お待ちしてます。

投稿: ぶひ | 2009年4月16日 (木) 20時34分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/45709/29125393

この記事へのトラックバック一覧です: 第一回 帰って来た最強監督決定戦 おまけ:

« 第一回 帰って来た最強監督決定戦 その3 | トップページ | バブルとキャンペーン »