« 第一回 帰って来た最強監督決定戦 おまけ | トップページ | いけそうな気がする〜♪ »

2009年4月17日 (金)

バブルとキャンペーン

世の中不況というのに、すごくバブリーなのが現バージョンのWCCF。前作がCPU強すぎという声が多かったのか、今回フレンドリーを強制対人じゃなくしたばかりか、接待試合ばかりしてくれるCPUを選べるシステムになったのは、まあいいとして、カップ戦でさえ大量得点があたりまえになり、対人戦さえ避ければ500点を越える大量得点・大量アシストや単一タイトルを重複して穫る賞金稼ぎが楽しみになってしまうと、今度の目玉ネットワーク対戦は、評価されにくいかも知れません。

次期バージョンでネットワーク対戦によるレギュラーリーグが開催され、対人戦が増えると当然のように700点越えなんて得点は絶対無理だし(?)、勝率も下がるので理論値上限連発なんていう賞金ランクングはぐっと下がったラインでの勝負になるでしょう。(まあ、そんな中でもネットワークが切れている時間帯で作業するとかいろいろな抜け道を探す人もいるのでしょうが…。)

500円プレーヤーのグレムリンたちが、勝つ喜びを得られる現行バージョンを完全否定するわけではないですが、もうバブルを経験したユーザーは一点を争うシビアな戦いや姿の見えない対人戦の緊張感を楽しむことが難しくなってしまっているのではないでしょうか。草大会を企画してみると「大会は緊張感があって楽しいでね〜」という方がいる反面、「強い人ばかりでしょ」とか「そんなのに出れるほど強いチーム無いんで…」と対人恐怖症かよと思ってしまうほど、ガチの対人戦に否定的な方が多いのに昔はびっくりしました。しかし実際には過半数が、マスターベーションのようなCPU戦大好き人間が多いし、それが普通のゲームの楽しみ方なのかもしれません。

デッキケースキャンペーンが終わり、次期バージョンのロケテが始まり、SEGAのおふれに逆らえない5クレ店は、よほど立地条件がよくないと過疎化しているようです。いまだに4クレ店があることが信じられませんが、さいたまでも6クレ店が増え、探せば7クレ店もぼちぼち出てきているということで、1チームを順調に育成したとして150戦、5クレ店で3万、6クレ店で2万5千、7クレなら2万2千…え〜っこんなに違うの〜。公式大会前とか3チームぐらいガンガンまわしていると、10万近く使ってしまうことになるけど、それが8万になればもう1チーム出来るし(違うか)やっぱり少しでも安いほうがうれしいですよね。

キャンペーンの怖さは、終了後の反動があること、一度キャンペーンをやると次々に繰り返さないと、維持できなくなるんですよね。それとユーザーサービスという点で、大歓迎なキャンペーンですが、デッキケースは直営店だけだし、ピローは送料かかるばかりで当たらないしな〜。まあ、SEGAには定期的なバージョンアップとヘビーユーザーもグレムリンも楽しめるゲーム性を期待して、ホームのゲーセンの企業努力で、過疎化したからでなくサービスの一環として早く6クレ店になってほしいと、願うぶひさんでした。

|

« 第一回 帰って来た最強監督決定戦 おまけ | トップページ | いけそうな気がする〜♪ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/45709/29147336

この記事へのトラックバック一覧です: バブルとキャンペーン:

« 第一回 帰って来た最強監督決定戦 おまけ | トップページ | いけそうな気がする〜♪ »