« 大会の結果の前にちょっとロケテ | トップページ | ドキドキヒューケット 最強監督決定戦 決勝T編 »

2009年5月19日 (火)

ドキドキヒューケット 最強監督決定戦 2次予選編

これからバージョンアップまでの間、WCCFの楽しみは賞金ランキングと各地で行われる大会モードでしょうか。簡易大会モードも対戦後のサテの移動も慣れてしまえば気にならないですし、運営のめんどくささをのぞけば、参加人数ごとにトーナメントやグループリーグを組み合わせて、意外と自由度が高いかもしれません。

ヒュケでは、公式大会のアナウンスがあればU-5に大会にしていますが、無い場合は基本的にフリーの大会になります。これは、普段使用しているチームで大会が気軽に楽しめるようにするためと、戦力補正を考慮に入れて大会チームをセレクトして楽しむことが出来ればと思いこのレギュレーションを採っています。純粋にテクニックを競うには、U-5限定(試合数下限値あり)が最適かもしれませんが、ヒュケではフリーレギュレーションならでは展開を楽しんでください。

と前置きはこのぐらいにして、2次予選です。
前回は、5人グループを2つ作るため2位全員が抜けることが出来なかったりしたため、今回は6人グループを2つにし、時間的な制約があるため総当たりではなく、任意の4戦の勝ち点合計というルールにしました。これも公平性という意味では問題があるので次回の課題にしますね。

2次予選
Aグループ
◎ファンキー(勝ち点10)
○ナムコ(勝ち点7)
■真澄(勝ち点5)
■ナカノ(勝ち点4)
■ブルース(勝ち点3)
■PLATI(トキ)(勝ち点2)
このグループの注目は、全白チームのファンキーさんと5Rのナカノさん。そして珍しい3バック4ボランチで、一次を勝ち抜いたブルースくん。その3人に、ロナウド、リトバルスキーの超人使用使用チームと茶番(某イケメン命名)ナスコスターズの3人を加えた熱い戦いは…。3勝1分でファンキーさんが一位抜け、続いてヒュケで勝てないと嘆いていたナムコさんが2位抜けしました。

Bグループ
◎うるま(勝ち点10)
○MSTゴットスピード(勝ち点8)
■SHI(勝ち点7)
■バァースディ(エル)(勝ち点6)
■流山(勝ち点2)
■ヴァーリー(勝ち点0)
ヒューケット得点ランキング1位の流山くんと師弟関係を結んでいたヴァーリー監督、ランキング2位のSHIさんに決勝Tの切符をゲットしてもらいたかったのですが、旧師弟は仲良く敗退。その分、うるまくんが健闘してくれて中野の切符もゲットか?1次でも動きのよかったMSTゴットスピードさんとともに無敗で決勝Tへ進みました。

地元勢8名、遠征組4名とやはりホーム(地元)が強いヒュケの大会らしいメンツでの2次予選でした。

つづく

|

« 大会の結果の前にちょっとロケテ | トップページ | ドキドキヒューケット 最強監督決定戦 決勝T編 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/45709/29686253

この記事へのトラックバック一覧です: ドキドキヒューケット 最強監督決定戦 2次予選編:

« 大会の結果の前にちょっとロケテ | トップページ | ドキドキヒューケット 最強監督決定戦 決勝T編 »