« S君の秘密 | トップページ | サノゴ再び »

2009年6月29日 (月)

スイマーの戦い

公式大会も近づき各地で大会が開かれるようになると、このブログも書くのが忙しくなります。月末はそれなくても、締め切りが多く大変なのに、隣の嫁さんの目を盗んでこれを書くのがスリル満点です。

土曜の秋葉大会を終えて、そのままヒューケットへ。始めての大会モードをヒュケでもやることにしたので、この日はその初日ということで8人ほど集まった常連さんで、大会モードを楽しみました。いろいろ試したいことがあったけど、ついせっかちになってあんまり楽しめませんでしたが、それでもマロンの大会から全く動かなくなったバルサのチームをなんとか動かす工夫をしたつもりでしたが、それもどうやら不発に終わった感じ。やっぱり、特ボが来た時点がピークだったかも、エトー、メッシ、ロナウジーニョの全部を黒にするぐらいじゃないと、動きが変わりそうにないかも。

ぶひの言うこの重くなったとか軽くなったとかいう感覚、分からない人に全く分からないようで、たぶんそういう人には「こいつ何言ってんだよ、負けた言い訳だろ」とか思われているかもしれませんが、これがわからないと今回のバージョンはきついかもしれません。ゲーセンでお山の大将になるには全く必要ない感覚かもしれませんが、大会を目指すならぜひこの感覚を身につけてください。解れば、対策もできますが、わからないと首を傾げているうちにグループリーグが終わってしまいます。

ここに来て、メインのつもりでいたバルサチームの不振に頭を悩ませていますが、土曜もマロンのガラスケースの前でリトバルスキーをみつめ「お前うちのチームに来るかい」と何度か聞いてみましたが、返事がないので帰って来ちゃいました。こうなれば、シロブヒ復活もありかななんて思ってますが、やるならもうスタートしないと今のペースでは間に合わなくなっちゃいますね。

そんな絶不調の中、三郷のゲームパニックで行われた大会にいつもの遠征メンバー4人で参加してきました。いつも、ヒュケの大会にきてくれるバァースディのワタルさんに誘っていただきおじゃましましたが、何度行ってもこのゲーセンは大きく迷子になっちゃいそうになりますw。

と、ここでまたもや睡魔が…、この続きは明日か、あさってか…。

|

« S君の秘密 | トップページ | サノゴ再び »

コメント

はじめまして
以前、トレードするためにヒューケットには足を延ばしたことがあります。武蔵浦和の駅からは思ったより遠いですね。
私も目指せ1勝を掲げて、公式大会に参加しようと考えているのですが、カードの動きが重いというのが感覚的にはわかるのですが、その対策となると悩んでいます。カードVerの違いだけか?とも思ってしまうのですが…

シェフチェンコも、BSとEMVP、WFW、BEなどと入れ替えてみると、その感覚がすごくよくわかるのですが、カードVerの違いだけかなと思ってしまいます。他の選手カードを綺羅カードから黒カードに変えてみたりすると黒のほうが動いたりするんで、そのあたりがぶひさんのおっしゃっている「動きがおもい」の感覚なんでしょうか?
現状のゲーム性を考えると、戦術によっても動きがかなり変わるんで、選手カードだけのせいかなとも取れない場合があって苦労しています。

投稿: バティス忠太 | 2009年6月29日 (月) 11時15分

バティス忠太さん、こんにちは
シェバは常連さんの間でも
好みの分かれる面白いカードですよね

重さは、たしかにさまざまな要素が
複雑に影響する(5人の神様のせいで)ので
原因を突き止めるのは難しいですよね

大会で強豪監督さんの対処法をみていると
理論的に対処するひともいれば
感覚的に対処する人もいて
どれが正解かはぶひも解りません

これからもここで
回りくどい文章でw書いていきますので
いっしょに考えてくださいね

投稿: ぶひ | 2009年6月29日 (月) 11時45分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/45709/30327553

この記事へのトラックバック一覧です: スイマーの戦い:

« S君の秘密 | トップページ | サノゴ再び »