« 中野の合戦 下克上作戦 壱の巻 | トップページ | 刀狩りと太閤検地 その1 »

2009年7月 6日 (月)

中野の合戦 下克上作戦 弐の巻

この団体戦が企画された時点では、公式大会のアナウンスがなかったため、親睦を深める大会の要素が強かったですが、公式に発表があるとやはり俄然と力のはいり方が違ってくるのは、大会マニアと呼ばれる人たちですから当たり前ですよね。まあ、まだほとんどの監督さんは最強型を模索している段階ですから、出来たチームを隠すよりプロトタイプをモードで試用してみたほうがいいということで、育成中のチームもみることができました。

ホームでの大会モードがあるところは、段階を踏んで育成チームの感触を確かめられますが、それがないと草大会に持ち込んで様子を見るしかないです。今のロムは、本当に止め時が難しいですから、これをしないと夏休みのグレムリンに絶対痛い目に合うと思います。150試合で特ボセット、黄金線でチョウチョが捕まえるられるぐらいになってよし完璧と思ったら、50試合ぐらいで、親との買い物のついでによったちびっこ監督にコロッと…いやいやこういうの書くと、本当にそうなるからやめておこう。

中野のG&B CUP団体戦は、武蔵浦和チームに勝った東京バァースディさんと強豪AMGさんをやぶった千葉バァースディさんとの決勝戦になり、4人の勝ち抜き戦でおこなわれましたが、千葉バァースディさんが脅威の強さで見事優勝を勝ち取りました。試合強さもずば抜けていましたが、チームワークもすばらしく得点時には拍手がわき、こういうのは見習いたいなと思いました。ぶひなんか、つい文句ばっかりいっちゃいますが、団体戦はチームワークがやっぱり大事ですよね。大会開始時にみんなに配られた特製ステッカーにも「ALL FOR ONE」とこの大会のテーマが書いてありましたが、各チーム、また参加者全員が一体になり、たいへん楽しい大会だったと思います。

当日運営にまわったゆうさん、葛飾さんをはじめスタッフの皆様たいへんおつかれさまでした。思えば5時間近くの長丁場でしたがあっという間にすぎていました。また、当日はいらっしゃれなかったワタルさんいろいろとご配慮いただきありがとうございました。

公式が終わったら、関東規模の団体戦なんかも出来たら面白そうですよね。ヒュケでも、小規模の企画大会なら出来そうなので考えてみたいと思います。

|

« 中野の合戦 下克上作戦 壱の巻 | トップページ | 刀狩りと太閤検地 その1 »

コメント


先日はお疲れ様でした

俺自信大会モードに切り替わるのが遅かったですね(笑)

ちゃんと通常とモードに早く切り替えられるようにしておきます

投稿: 腹へらし監督 | 2009年7月 6日 (月) 22時56分

あんまりみんなが勝つと
ぶひの立場がなくなるからさ
あんな感じでオッケーですw

投稿: ぶひ | 2009年7月 6日 (月) 23時13分

 素晴らしい試みですねぇ♪
楽、勝、に結を加えたテイストが、また
違った盛り上がりを作りそうですね^^

 こちらも大会出てきましたが、リティを
組んだ時点で安心してたトキですが、ボリューム
絞られた感が満載でした。(長谷部メンテを
挟んで)エリア内で枠外し(私の性格がななめだから説
もあり)、サイドにて後ろからかっさらわれるのなんて
初めて見ました。。。

 ま、トキはビジャチームで出たんですが、こちらは
一時に比べ、ボリュームが再度アップした感じで
いい切れ味でした。今週もがんばります♪

またそちらにも、お邪魔させていただきます!

投稿: トキ | 2009年7月 7日 (火) 07時03分

先日は、お疲れ様でした。すっかりネタになりましたねhappy01
しかも強豪チームなんて修飾語まで付いてcoldsweats01

ぶひさんと直接対決はなりませんでしたが対戦した方には全く歯が立ちませんでした。

大会好きなんでまた対戦するかもしれませんのでお手柔らかにお願いします。

投稿: TAKE@M○C | 2009年7月 7日 (火) 08時00分

>トキさん
ドリブラーの覚醒を止めるために、アンチ系KPを使う監督さんが増えています。その効果が切れている時は、以前と変らず動いている気がしますが…。出来ることなら、高額カードには、全部調整を入れてほしいと願っているぶひです。

>タケさん
強豪チームの集う大会でしたからね〜。まあ、勝負は時の運、勝つ時もあればぼこぼこにされることもあるので、楽しいんですよね。

投稿: ぶひ | 2009年7月 7日 (火) 08時36分

至らない運営に・・・ありがたきお言葉m(__)m(秀吉風)
団体戦独特のサテに一人が入り残りが応援にまわる予選。
4vs4の総力戦の決勝トーナメント。
決勝は予期せぬスリリングな展開(結果は一人で抜ききっちゃいましたが)と色々策を練ったつもりです。
その中で参加者全員がそれなりの試合数をこなしてもらいたくあのような形をとりました。
結果は求めるものですが結果が全てじゃないのを仲間を通して知ることができる・・・いいですね♪
皆様今後もよろしくお願い致します^^

投稿: 葛飾 | 2009年7月 7日 (火) 16時23分

大会を運営していく上で、参加者の満足度は試合内容と試合数に現れると思います。決まった時間内で効率よく試合を消化させる、これは大会を運営したものでないと分からない苦労ですよね。
ホーム開催に比べ、ゲスト参加は、本当に楽で病み付きになっちゃいそうです。

投稿: ぶひ | 2009年7月 8日 (水) 00時12分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/45709/30431119

この記事へのトラックバック一覧です: 中野の合戦 下克上作戦 弐の巻:

« 中野の合戦 下克上作戦 壱の巻 | トップページ | 刀狩りと太閤検地 その1 »