« ぷるぷる宮原 震度2 | トップページ | 大会用チームの止め時 その1 »

2009年8月12日 (水)

しみじみ宮原 余震

いや〜こんどの地震も揺れました。うちの嫁さんは全然気がつかなかったらしいですが、この夏はまだまだ天災が起きそうな予感です。

皆さんから、店舗抜けのお祝いメッセージいただき恐縮してます。気合いを入れすぎると、仕事や私生活にも悪影響が出るので、ゆるくいこうと思っていたのにいつのまにか、7カ所目になってしまいさすがにぶひさんも、「このままこんなことしてていいのか」と思いはじめていたとこだったので、本当うれしかったです。早々と店舗抜けをしている大会マニア仲間は、エリア構想を着々と進めているようですがぶひはしばらくこの余韻を楽しみたいと思います。

まだこれから、店舗を抜けてくる方もいますが、ぶひが出た7カ所の傾向と対策を簡単にまとめ、もし参考になればと書いてみます。あくまでも、北関東Dが6、東京Aが1なので地域性が濃いかもしれませんが右サイドノーマークでぼこぼこにされないようにすれば、店舗予選も楽しいイベントになるんじゃないかな。

そんな心配するくらい、サノゴに汚染されていないとこから来たのか、右サイド突破からキーパの届かない位置にいるフィニッシャーのシュートという繰り返しで、大量失点をして負けちゃう監督さんを見かけます。攻めも中央突破に頼ったものなので、カウンターを喰らいやすく、首を傾げているうちに0-5なんていう点差で負けちゃうと自信喪失しちゃいますよね。攻めている方としては、同じように守られてもばしばし決まるときと、全然だめなときがあるので、絶対という守り方はないと思いますが、5枚並べたり、マンマークしたり、DF系のKPもいろいろ試してみるといいですよ。サイドはCPU戦ばかりやっていると、練習出来ないので、サイドのの得意な人との対人戦で練習するものおすすめです。

まあ、あんまり具体的に書くと余計なことするなと怒られちゃいそうなので、ぶひ流によく分かんない文章でこれからも書いていきますので、初心者の方で大会に出てみようと思う人は、読んでみてください。


|

« ぷるぷる宮原 震度2 | トップページ | 大会用チームの止め時 その1 »

コメント

 最近、守備に関してはバリエーションが富んでいて見ていて楽しいです。選手は見慣れたアノ人でもこのカードの方を使うんだぁ。白のあるこの選手で綺羅枠使うんだぁ。などKP戦術による違いが勉強にもなります^^。サイドにいい選手を置いてぼーっとしてても抜けないですね、もう。。。そうなるとエリアで勝つにはやっぱり操作、なんでしょうね。日々精進です。

また大会モード開放してくれたり、自分なんかがお邪魔してもいい大会があればぜひお邪魔したいと思いますので、よろしくお願いします o(_ _)oペコッ

追伸~ ブログへのコメ、ありがとうございました♪うちの大家さんがぶひさんに挨拶コメ入れてましたので、また見に来て下さい♪

投稿: トキ | 2009年8月13日 (木) 07時07分

店舗大会も後半になり、サイド対策を含めた
守備戦術も研究されてくるでしょうね
汎用性の高いチームにするか
サイド守備に特化させるか悩むとこですが
やってみないと分からないともあるから
ぶひは行き当たりばったり作戦ですw

投稿: ぶひ | 2009年8月13日 (木) 18時02分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/45709/30915803

この記事へのトラックバック一覧です: しみじみ宮原 余震:

« ぷるぷる宮原 震度2 | トップページ | 大会用チームの止め時 その1 »