« 北関東制圧作戦エリアD コードネーム-序章 | トップページ | 北関東制圧作戦エリアD コードネーム-東京A »

2009年10月11日 (日)

北関東制圧作戦エリアD コードネーム-ひらきなおり

エリア用にキープしていた監督カードを直前にプレーしてしまい動揺の隠せないまま会場入りしたぶひですが、もうこうなれば開き直るしかないです。でも、どうせなら任期満了するとか、もう一度特ボひくとか、時間があれば出来たのにな〜、いやいやブログのネタ出来たし…。

会場には、店舗予選であった面々やその応援団と人が集まっていましたが、このエリアは軍団系の方が少ないのと、神奈川でもエリア大会があるためか,それとも会場が大きいためか,東京Bのような混雑はありませんでした。25名のエリア通過者全員が出場し、4人×4、3人×3でグループ予選、各組1位と4人グループの2位一名のみの計8名によるトーナメントという方式で行われました。25分の1という確率的には全国でももっともきびしいエリアになってしまいましたが、店舗を抜けた監督さんですから誰にもチャンスがある訳です。

ぶひ的には4人グループに入りたいという気持が強かったので、B-1をひいた時はうれしかったですが、いきなりの対戦はやはりプレッシャーです。この日一緒に参加したヒュケのエース、ヒマツブシ監督は「A」をひき同門対決は避けられましたが、Bグループには、先日のヒュケ大会で優勝したホウショウ監督、そしてマロン決勝で対戦したone and onlyさんと、強豪監督さんが揃い、「うげっまたまたおわった〜」です。

気になる初戦、休養や呼び出しで、どうにかバレージ、メッシが赤くなったので、あとは運まかせと開き直り対戦したのがよかったのか、勝利。二戦目ホウショウ監督は、なんとエリア用の監督カードを盗まれてしまったとのことで、あらためて作ったエリア用チームでの参戦とのこと。みんな、いろいろあるんだよね〜。体調やモチベーションだって、この日にベストになるといいけど、そうもいかないから大変だよね。2戦目,初戦でそれほど動きが悪くない気がしたので、攻撃的に対戦したせいか、流れをつかむことが出来、ここも勝利。さあ、運命の対戦one and onlyさんとの対戦です。

このブログでもよく書いているけど、よく対戦する人とそうでない人って同じぐらい大会にいっていてもありますよね。特に、ブログで書くとたいていあたるから書かないようにしようと思ったけど、やっぱり同じグループになってしまったone and onlyさん。出来れば、このエリアでも決勝であたりたかったな〜w。ここまで、ぶひは奇跡の2勝、でもこの対戦2点差以上で順位が入れ替わるので、ここは引き分けでもなんて、消極的になったせいか、マロンでも対戦しているのでぶひの戦法はよくわかっていて,うまく守られているうちにゴール前でV・バルデスのこぼしたボールを押し込まれて逆転され、その後も一点追加され1:3で負けてしまいました。

A・Bグループ3戦が終わり、Bグループは2勝1敗が3人ならぶ接戦になり、得失点差でone and onlyさんとぶひが並び、あとはチームコスト勝負ということになりました。とりあえず、コスト計算はあとでということで、あとのグループ予選が行われましたが、本人同士の確認でコストでは負けが確定してしまいました。またしても「終わった〜〜」です。しか〜し、そうABCDの4人グループの中から成績のよい2位が一名だけ抜けるので、まだぶひにもチャンスがあるかもしれないのです。これこそ運だのみですよね。運をこつこつと貯めた成果が出るかでないか、おいおいこんなとこでその運使っていいのかってとこで。

つづく

|

« 北関東制圧作戦エリアD コードネーム-序章 | トップページ | 北関東制圧作戦エリアD コードネーム-東京A »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/45709/31738643

この記事へのトラックバック一覧です: 北関東制圧作戦エリアD コードネーム-ひらきなおり:

« 北関東制圧作戦エリアD コードネーム-序章 | トップページ | 北関東制圧作戦エリアD コードネーム-東京A »