« 企画大会は楽しいけど | トップページ | 雪は溶けちゃった »

2010年3月 9日 (火)

愛するが故、毒を吐く

『現代サッカーのスター選手が揃っているので、監督の能力はあまり必要ないかもしれない。そんな論調の地元紙La Vanguardiaの記事を目にしたが、たしかにその通りかもしれない。このチームには一人の監督では変えることのできない、このチームの戦い方のようなものが歴史を作っているのだ。ふとそんな投げやりな気分になるのも、選手とのコミニュケーションがまだ不足しているせいだろう。近いうちに、食事にでも誘ってみることにしよう。

格下相手との練習試合では大きな問題は発生しなかったが、やはりまだ能力を出し惜しみしている感があるようだ。強豪チームとの対戦が始まってから問題点が発覚しても遅いのだが、それなりに勝っていると思い切った修正はやりにくいものだ。そして戦術の選択肢が多いことも悩みの種なのだ。』

日曜は雨だったので、ずっと家で伝票整理をしてました。ゆっくりお風呂につかり、例の赤い雑誌を読みながら汗を流すのが最近の楽しみになっています。そして一通り読み飽きるとバックナンバーをまたみたり、あれ?けっこう文句いっている割に愛読者なんですね。愛するが故に毒を放つ…そういうことにしておこう。

豆しば…もとい、ユニしばは、バルサの場合白カードを使う枚数が下手をすると0枚になるのですが、そこは補正論者のぶひさん。少し白いとこがないと不安になっちゃいますので、Vバルデス、ピケ、Sケイタ、サビオラ、ベレッチが白カードになっています。登録16枚よりも、フィールドじょうに配置された11枚の軽さ(これがむずかしいよね)が重要なら、イニエスタ、Yトゥーレあたりも白くして動きの違いを見た方がいいのかな。そんなこといいながらも、もう30試合ぐらいこなしていてそろそろ戦略を確定させていかなくちゃ、どこに星と連携を集めればいいのか曖昧なチームになっちゃいますよね。バルサにはダイナモ持ちがいないので、体力温存しながらフルに戦うにはどうすればいいのかな。交代枠もフルに使って攻撃的なチームにしたいです。

|

« 企画大会は楽しいけど | トップページ | 雪は溶けちゃった »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/45709/33687055

この記事へのトラックバック一覧です: 愛するが故、毒を吐く:

« 企画大会は楽しいけど | トップページ | 雪は溶けちゃった »