« 青い珊瑚礁 | トップページ | 魔界転生せず »

2010年4月17日 (土)

カンガルー日和

聖子ちゃんもいいけど中森明菜もかわいかったよな〜。わ〜た〜し〜少女A〜♪って、レコード買ったときもらったポスター壁に貼ったりしたもんな。おっとっと、昔を懐かしむようになるとマジやばいかも。過ぎ去りし日々より明日の糧を得なくては…。最近なんで昔話シリーズが始まったかと思ったら、本棚の整理をしていて読みかけの古い文庫本がでてきて、それをお風呂で読む本にしてからかもしれません。

部屋の掃除を始めると捨てても捨てても本が湧いて出てきますが、一度ブックオフに持っていったら古すきて買い取れませんといわれてから、おもいきって資源ゴミの日に出すようにしてます。でも片付けていてぱらぱら観ているとつい読みはじめちゃったりして、そしてあれこんな話しだったっけと思うんですよね。

ぶひの若いころ、二人の流行作家がいて偶然にも同じ名字の二人の作家の本を読みあさっていた時期があって、なかでも「テニスボーイの憂鬱」はベルヌの「15少年漂流記」とともに、ぶひの愛著ベスト5に入る名作だと思っています。お風呂本は、もう片方の作家の短編集でガンがルーがどうしたとか、アシカがどうだという話しで(この説明だとムツゴロウと思われちゃうかな)、他愛がないっちゃ〜それまでだけど昔を思い出すにはなかなかな香辛料がきいた読み物になっています。

そういえなこの作家の新作が最近深夜に発売されてちょっと話題になりましたよね。活字離れとかいわれているけど、面白い本は売れるんだよな。それでもだんだんとipadとかで観るようになるんだろうけど、アレだとお風呂で観てたら居眠りして水没させたら大変なことになるから、ぶひ向きじゃないですね。

あっ、ゲームの話忘れてた。今日も7クレ悲しくなりながらやってきました。ぶひの迷いは深まるばかりで、このバージョン中には抜け出せないかもしれないです。

|

« 青い珊瑚礁 | トップページ | 魔界転生せず »

コメント

こんにちは。
WCCFとは関係ありませんが…
古い本は、神田でうるとか、
近くの図書館などに寄付するといいのでは?

地下鉄とかには、○○駅文庫などといって、手続きなしに本を借りたり、いらなくなった本を置いたりするスペースがありますよ。

NPOなどでも、本の寄付を受け付けていますから。
なんか、本を捨ててしまうというのがどうももったいないきがしたもので。

投稿: びんふくしま | 2010年4月20日 (火) 12時23分

>びんふくしまさん
持っていくのがめんどくさくて…
朝出しておくと
どこかのおじさんがめぼしいものは
持っていってくれますが
神保町辺りに持っていっているのかもしれませんね

投稿: ぶひ | 2010年4月20日 (火) 12時46分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/45709/34260287

この記事へのトラックバック一覧です: カンガルー日和:

« 青い珊瑚礁 | トップページ | 魔界転生せず »