« WCCFスタンプラリー | トップページ | 梅雨の晴れ間に »

2010年6月25日 (金)

もうすぐ日本戦

うげっ〜最下位だ。あっ、オナリグの話しです。ヒュケの常連さんでやっているリーグ戦を抜けて、一人でチーム作戦の違いを検証したりしながらと思って始めたリーグ戦ですが、駒形ダックス3チーム相手に4勝9敗で単独最下位です。チーム作戦て最初は相手の裏をかく…たとえば初球狙いのチームにはじっくり攻めるとかと思っていたけど、どうやら選手の顔色を良くするためにあるんですね。打順毎に役割が違うはずだから、積極的に走る選手やバンドしないで長打を狙う選手とかいろいろいるのが面白いんだけどな。まあ、チームの方針という感じなのは判るけど、なんかいまいちだな〜。あとさ、新しいのが引けるからうれしいと02のほうのカードダスひいていたら、微妙なカードが多くて、そしてダブりも多いので、カード買う意欲が失せました。なんて、文句いってたら明日から新システムのドラフトができるらしいですよね。まあ、プレイ代はタダだしけっこう楽しませてもらっているんですけどね。

ワールドカップ効果なのか、久々にホームにいったらけっこう混んでました。あんまり見かけない顔ぶれだったので、最近始めたかたたちかも知れませんね。公式大会など無縁に、好きな選手を使って楽しんでいるのはある意味うらやましい気もするけど、ぶひだったらすぐ飽きちゃうだろうな。公式大会をそのバージョンの集大成と考えている人には本当中途半端な今回の大会だけど、やらないよりましかな。新バージョンのレアカードのカテゴリが発表されていたけど、明らかにワールドカップの熱が冷めないうちにだしたいのは、見え見えだよね。今日これからの日本vsデンマークの結果しだいでは、日韓大会のような盛り上がりになるかもだから、利権の絡んでいる人は応援にも熱が入るだろうね。そういえば、イタリア負けちゃいましたね。WCCF的にみちゃうと攻撃のタレントが弱いかなw。フランスも負けちゃったし盛者必衰だね。

さて、ヒュケ大会で動きや攻撃パターンを調整したつもりの5Rチームですが、全白戦2敗とやっぱり重いのが再確認されたわけですけど、いまさら大きく変えることは不可能なのであとは軽いとこと当たらないことを祈るのみかな。アキバはさすがに全白はいないだろうから、そんなに極端な補正はないと思うのだけど…。ここでよくいっている「重い」「軽い」って、全く別の見方をすると、アタリサテとかのオカルト理論に置き換えることができたりすんだろうけど、育成やカード構成によるプラスの戦力と対戦相手との戦力差を調整しようとするマイナス(プラスの場合もあるけど)の働きのバランスがうまくとれない状態の時に、勝手に勝っちゃったり、なにをしても勝てなかったりすることを「重い」「軽い」いっているつもりです。操作スキルやカードパワーに極端な違いがあれば、「重い」チームでもミスがなければ勝つことはできますが公式大会に出てくるような猛者との対戦では「軽い」+ミスがない=勝利になることが多いです。

大会用チームは、カードセレクト、育成を数値的にマックスにする作業ではだめで、感覚的に動くチームを作ることが必要とされますが、モードをしょっちゅうやっているようなとこに住んでいない人はやはり本番で感覚をつかんでいくしかありませんよね。たくさんチームがあれば順番に試してみるのもいいですが、地元監督さんが多いとこと、大会マニアが集まるとこでは動くチームも変わってくるからむずかしいですよね。でも、自分のチームが力任せでいけるのか、勝ちパターンはどんな感じなのかぐらいは把握しておくといいのかもしれません。最後は、自分のチームを信じて運を天に任せましょう。

さあ、お風呂に入って日本戦をみるとしましょう。

|

« WCCFスタンプラリー | トップページ | 梅雨の晴れ間に »

コメント

重い時の方が結果が良くて、軽い時の方が結果が悪い時もありますね。
体感的には、重いチームで耐えてPKになった時は勝てるイメージがあります。
気のせいの可能性もありますが(笑)

投稿: かみー | 2010年6月26日 (土) 12時51分

重い方が良ければ、ぶひは最強かも…
あっ体重じゃないんですねw

PKは、勝利精神も関係している気がするから
追いついた方が強いとか、試合の流れも大事ですよね

投稿: ぶひ | 2010年6月27日 (日) 10時23分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/45709/35457190

この記事へのトラックバック一覧です: もうすぐ日本戦:

« WCCFスタンプラリー | トップページ | 梅雨の晴れ間に »