« しびれたぜ 池袋  | トップページ | 梅雨の晴れ間に パート2 »

2010年7月12日 (月)

熱いぜ 池袋

そういえば金曜の夜、ホームで全白チームでさっくりWT優勝して、バリッとめくったらトーレスが出て、聞けば前日マラドーナをひいたという真澄監督。盆と正月とクリスマスがきたようなラッキーぶりに、軽く嫉妬しながらも、明日のエリア大丈夫かなと思ったものでした。しか〜し、そんな杞憂は全く必要なく強豪ぞろいのAグループを3戦全勝で1位抜けを決める絶好調さ。応援に来ていた有名監督さんたちからも、「彼、決勝Tもいけるんじゃない」といわれて、自分のことのように喜んでしまいました。

A~Eのグループ予選が終わり、各組一位と2位の中から上位の3名をくわえた8名によるトーナメント…なんですが、試合の動画を記録する都合上準決勝からは、1・2サテでのワンマッチ方式での対戦となりました。これって特ボセットしてある監督さんはちょっとうれしいですよね。でも、三戦の流れを考えてきたチームには予想外かな。一戦ごとにギャラリーの視線も集中するので緊張もいやがうえにも高まります。真澄監督の初戦の相手は、前回全国大会でも成績を残しているノルキア監督。Aグループ初戦で対戦しているのでお互い手のうちが解ってる分やりにくさもあります。そしてやはり試合は凄まじい撃ち合いになりました。後半からは中央突破の応酬ではげしいシーソーゲームを征したのはトーレスの縦の強さが勝因だったかもしれません。

準決勝はGGの若きエースTaka監督との対戦でした。今回の公式大会店舗大会の時点で注目していた若手監督の数人のうちの一人。このエリア大会でもぶひの優勝予想の一人でしたが、なんとこの対戦も勝利して決勝まできてしまいました。何故かここまでくると、うんよくやった、もういいよと自分の場合思っちゃうんですけど、せっかくだから優勝してほしいですよね。あくまでも、ぶひの感想ですけどこのブログでもよくいうように今回の大会モード「動くチームが強い」と思っているのですが、決勝はまさに関東Bで一番動いていた2チームの対決になったと思います。店舗を抜けてきたチームには5Rのレギュレーションをフルに活かしたチームや、がっちりと育成をして(しまった?)ガソリン満タンなチームもいましたがやはり本来のチカラを発揮出来ない展開が多かったと思います。100勝未満、200億以下他にも様々な要素があると思いますが、この辺が動いていたんじゃないかな〜。

そしてこの日の得点パターンをふりかえると、圧倒的に中央突破が多く、緊張が高まる中、操作ミスの心配も少なく手数も少なくてすむ、いわゆる列車フォメが効率的に得点出来るということで、決勝Tではその日のROMの状況を見抜くチカラのある監督さんが多いので、中央をいかに抜くかというシンプルな対戦が多く見られました。サイドから放り込んでもなかなか決定出来ないので、しょうがないと思うのですがやはり単調になる分ダメなときの変化が必要になるんですよね。結果論ですが、決勝戦は真澄監督自慢のセンターバック起用したトゥラランが失点の瞬間だけ棒立ちになってしまい、するっと抜かれてしまいました。これは優秀なFWが得点時にみせる相手DFを凍らせる技なのでw、誰も責められないですが、その後の攻めが中央に固執して単調になりベルゴミ・マルチェナを崩せなかったことが敗因のように感じました。決勝の対戦相手は真澄監督が抜けたアキバGIGOのすぐあとのクラセガでの優勝者フィールライクさんでしたが冷静な操作でミスがなく、文句なしに関東Bエリアの初代チャンプにふさわしい監督さんでした。

ぶひさん的には、準優勝でも大満足ですが、本人はやはり悔しいですよね。そして池袋ギーゴは暑かった〜。たしかに、普段ガラガラのとこにあの人数が集まっちゃ〜暑くもなるよね。SEGAのプロデューサとかいう人がきてたけど、なんか感じ悪いコメ連発でちょっとがっかりだったかな。このゲームをしているひとはみんなサッカーが好きだから、その手のコメには気をつけた方がいいと思う。そして頑張っていいゲームを作ってほしいと思う。梅雨の晴れ間でいつもより人の多い池袋をあとにしてヒュケ応援団は武蔵浦和に帰っていきました。

|

« しびれたぜ 池袋  | トップページ | 梅雨の晴れ間に パート2 »

コメント

土曜は応援ありがとでした。
こちらもグループリーグでABCのMASA君相手に失点した時だけ、ザネッティが棒立ちでした。
店舗予選や他の大会でもそんなことなかったのになぁ。

結果、グループリーグで2失点した内のどちらか、もしくはエトーのコロコロシュートの場面で決めてれば決勝トーナメント進出だっただけに残念です。

グループリーグ3試合目は先制しながらもCKをクリアした後、ミドルを決められての同点ですし、内容では劣ってなかったですからねぇ。

まあ、出れただけでも満足とは前から言ってたことなので、次も最低でもエリアまでは行きたいです。

投稿: かみー | 2010年7月13日 (火) 07時36分

結果は無情にも順位をつけてしまうけど

あの会場にいたひとのチカラは紙一重

もう一度やれば、また違う結果になるかもしれませんよね

今後の活躍、期待しています

投稿: ぶひ | 2010年7月13日 (火) 12時49分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/45709/35720197

この記事へのトラックバック一覧です: 熱いぜ 池袋:

« しびれたぜ 池袋  | トップページ | 梅雨の晴れ間に パート2 »