« Gカップ始まります | トップページ | ヒューケット08-09全白大会のお知らせ »

2010年9月13日 (月)

パートナーズカップ トランスフォーム編

パートナーズカップの最初の三戦は、主催のバーァースディさんの若手監督さんと三連戦でした。最近どこの大会でも好成績を残している精鋭たちとの対戦にすっかり腰が引けているぶひでしたが、みんな礼儀正しく気持ちよく対戦ができたのも、ゆうさんを始めとした先輩監督の教育が行き届いているんでしょうね。ヒュケも規模やレベルは違えど見習わなくちゃいけませんね。そんな中、初戦の対戦チームとなったのは、葛飾さん曰くバァースディさんの中でも絶好調の若手監督さんとのことでした。この対戦でフォルランだ、全白だ〜とゆるゆるプレーをしていたぶひも目が覚めました。しばらく前の映画でトランスフォーマーっていうやつありましたよね。車がロボットに変身するやつですけど、あんな感じでフォメが変わってくプレーを目の当たりにして軽いカルチャーショックを受けました。最近の地蔵プレーをこの大会があるということでちょっとだけカード移動を練習していったつもりのぶひでしたが、あれを見ちゃうとぶひのカード移動はスローモーションというか、駒送りみたいもんで、後手後手にまわるぶひの操作を横で見ていたパートナーのタカ監督がぶひさんは地蔵でいいですといってくれたので、指示に従ったらその方が守れていました。レーダをみてカード移動するのは上級者のスキルとして大事だけど、瞬時に動かせないならトランスフォーマーにいいようにやられてしまいますね。というか、レーダを見て動かす相手ににこそ強いのかもしれませんね。その後も他の方との対戦を見学させてもらいましたが、トランスフォーム中のフォメが崩れた瞬間に失点することがあるもの、いっしょになって必死に動かしちゃう監督さんは苦戦してました。攻撃と守備双方で、右と左と列車と斜めスルーそしてセットプレー対策、これらの組合せでも10数通りを越える形を状況に合わせ瞬時にトランスフォームさせるのは、相当な練習が必要でしょうね。久々に感動しちゃいました。蛇足ですが、そういえば列車がダメな大会とかけっこうあるでしょ、あのハンドスキルがあれば左右の移動を繰り返しているとフォメ的には列車じゃなくても選手が中央で1列になる状態が作れちゃうとか、妄想しちゃいました。

でも、本当にいいもの見せてもらったって感じですね。一つの究極の形かな。タカ監督の黄金連携チームとともに会場の注目を集めていましたが、やはり関東を代表する監督さんが集まっているなかでも際立ってました。

大会はCFCのイソさんと若手監督さんのペアが優勝。ペアになったパートナーと絆ができるこの大会、プレッシャーや緊張感は感じるけど、それ以上に得るもののあった素敵な大会でした。運営にまわったバァースディの皆さん、そして参加の皆さんおつかれさまでした。また機会があったら、修行しておきますので誘って下さい。

|

« Gカップ始まります | トップページ | ヒューケット08-09全白大会のお知らせ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/45709/36717404

この記事へのトラックバック一覧です: パートナーズカップ トランスフォーム編:

« Gカップ始まります | トップページ | ヒューケット08-09全白大会のお知らせ »